新興のDeFi-as-a-Serviceインフラ市場のパイオニアであるULTRADE、240万ドルのシード資金を獲得



新興のDeFi-as-a-Serviceインフラ市場のパイオニアであるULTRADE、240万ドルのシード資金を獲得


2022年9月6日 - 独自のGTM戦略を持つマルチチェーンのDeFi-as-a-Serviceインフラ企業であるULTRADEは、これまでに240万ドルを調達し、シードトークン・ラウンドの直接投資家としてアルゴランド財団の参加が注目されています。ULTRADEは6月下旬にアルゴランド・ブロックチェーン上でテストネットを立ち上げ、アルゴランド上で数千人のユーザーを集めており、マルチチェーン・プラットフォームとして拡大していく予定です。


「ULTRADEのDeFi-as-a-Serviceのインフラ・ソリューションは、指値オーダーブックと永久売買を備えたホワイトラベルのスイートを提供し、現在のDeFiの採用曲線に強い製品市場適合性を持っていると考えています。このようなプロトコルは、アルゴランドのような高TPS、インスタント・ファイナリティL1アーキテクチャに特に適しています。DeFiが進化し、ユーザーベースが拡大するにつれて、DeFiの参加者はより高度なDexソリューションに対して快適さと親和性を身につけると予想されます。ハイブリッド取引所は、カストディアル・コントロールを犠牲にすることなく深い流動性へのアクセスをユーザーに提供することで、既存の中央集中型取引所に対抗できると考えています」

アルゴランド財団 投資・多様化部門責任者 ダニエル・ヤン


ULTRADEのラウンドには、Big Brain Holdings、Tess Ventures、Sarson Funds、Valhalla Capitalなどのベンチャーキャピタルが参加しています。


ULTRADEのユニークなアプローチは、DeFiのトレーディング・ソリューションをコモディティ化し、他のブランドがホワイトラベル・モデルのもとで提供することができるようにするものです。技術層はコモディティ化されていますが、ネットワーク参加者は統一された流動性クラウドを構築・共有し、ULTRADEにネットワーク効果という最も切望されるビジネス上の利点を与えています。


「今日の市場において、トレーディング・ソリューションの差別化はもはや不可能です。中央集権的な取引所は実質的にすべて同じで、どれを選ぶかは利便性の問題であり、ブランド・ロイヤリティはほとんどありません。DeFi取引も同様で、ほとんどがスワップ取引に限定されており、過密状態で、実質的に差別化されていません。そして、これらの企業が抱える大きな問題は、ネットワーク効果の欠如であり、そのためにユーザー獲得に膨大な資金を費やしていることです。実際、成長すればするほど、そのコストは高くなります。それは悪いビジネスモデルです」

ULTRADEの創設者兼CEOであるDan Goldman


ULTRADEのビジネスモデルは、固有のネットワーク効果を生み出すように設計されており、同社のCAC(顧客獲得コスト)の問題を解決しています。B2B2C戦略により、同社はDeFiのノン・カストディアルの理念を維持しながら、CEX(集中型取引所)に匹敵する包括的なDeFi体験を、すべてホワイトラベル・モデルで展開しています。「CEXの使い勝手と分散型取引所(DEX)の間にトレードオフがあってはならないと考えています...そして、誰もが一行のコードも書かずに独自のDeFi取引ソリューションを立ち上げることができるようにすべきです。ブランドは、UTRADEのホワイトラベルを使用した付加価値のある取引ソリューションを提供しながら、自社のコア製品を差別化する必要があります」


「私たちは、ULTRADEがWeb3ビジネスに強力な新しいDefiインフラを提供することを支援できることをうれしく思います。流動性ネットワークにより、数分で自社ブランドの取引所や取引サービスを立ち上げることができ、取引手数料の大部分を維持できることは画期的なことです」

Big Brain Holdings、AlgoBigBrain


このアプリケーションは、スポットとレバレッジド・パーペチュアルなどのデリバティブのフルリミット・オーダーブック取引に加え、LPプールとオーダーブック間でベスト・エクスキューションを提供し、流動性の深さとスリッページを減らし、オーダーブック上の流動性供給者に流動性の提供に対する手数料の一部を提供する、高度なハイブリッド・アグリゲーションAMM (haAMM) で構成されています。


ULTRADEが6月に開始したテストネットには、Ultimate Trading Suiteの最初の製品であるリミット・オーダーブック・スポットDEXが含まれています。ローンチ以来、数千人がすでにこのプラットフォームでテスト取引を行い、約20万件の注文と取引を実現しています。また、プラットフォームに組み込まれた専門的なユーザー・フィードバック・システムを利用して、機能要望やUI改善案、バグ報告など、これまでにユーザーから1,600件を超えるフィードバックが寄せられました。


同社は現在、フィードバックをもとに最初の製品のブラッシュアップに励むとともに、スイートの次の製品であるhaAMMを9月に、次いでレバレッジド・パーペチュアルを第4四半期に発売するための準備を進めているところです。


「Tess Venturesは長年にわたり、数多くの著名なブロックチェーン/クリプト企業に投資してきました。ULTRADEの優れた実行力は際立っています。ゴールドマンのビジョンとリーダーシップが、メインネットをヒットさせると確信しています」

- Tess Ventures創業者 テス・ハウ


厳しい弱気市場の中、これまでに受けた投資は、流動性を高め、コードを一行も書くことなく、独自のDeFiプラットフォームを立ち上げる力をブランドに提供するというULTRADEのビジョンへの強い支持を示すものです。



アルゴランドについて


アルゴランド・ブロックチェーンは、MIT教授でチューリング賞を受賞した暗号学者であるシルビオ・ミカリによって設計され、国境なき世界経済の約束を実現することができるユニークなブロックチェーンです。そのブロックチェーンは、従来の金融のスピードに匹敵する取引量を達成しながら、即時決済、ほぼゼロの取引コスト、そして24時間365日体制で取引することが可能です。カーボン・ニュートラルなプラットフォームと独自のピュア・プルーフ・オブ・ステーク(PPoS)コンセンサス・メカニズムは、分散型プロトコル上でセキュリティとスケーラビリティの両方を実現し、2019年の稼働以来1秒のダウンタイムもなく、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決しています。


アルゴランド財団は、健全な通貨供給経済、分散型ガバナンス、健全で豊かなオープンソース・エコシステムに責任を持ち、アルゴランド・ブロックチェーンのグローバルな約束を実現するための支援に取り組んでいます。詳細については、algorand.foundationをご覧ください。



ULTRADEについて


ULTRADEはDeFi-as-a-Serviceです。ブランド、プロジェクト、コミュニティに、取引手数料を生成して獲得する能力を提供する、フル機能のDeFi取引エコシステムです。



元記事:https://www.algorand.foundation/news/ultrade