【オプ・エド】トラストレス・ブリッジ:ブロックチェーン・ブリッジのセキュリティ・リスクに対する切望される解決策



【オプ・エド】トラストレス・ブリッジ:ブロックチェーン・ブリッジのセキュリティ・リスクに対する切望される解決策

by Adi Ben-Ari、Applied Blockchain


ブロックチェーン・ブリッジ(トークン・ブリッジとも呼ばれる)の導入は、相互運用性を生み出し、デジタル資産の交換とフローを可能にし、ブロックチェーン間の流動性を高めるために不可欠です。


ブロックチェーン・プロトコルが次々と登場し、それぞれが効率やメリット、注力する分野を持つようになるにつれ、投資家やユーザーから、それらの間で資産や流動性を移動させたいという関心が高まっています。ブロックチェーン・ブリッジ(トークン・ブリッジとも呼ばれる)の導入は、相互運用性を高め、デジタル資産の交換や流動性を可能にし、ブロックチェーン間の流動性を高めるために不可欠なものです。


しかし、クロスチェーン流動性の実現という圧力への対応を急ぐあまり、多くのブロックチェーン・ブリッジを支えるセキュリティ技術は当初、比較的脆弱なものでした。多くのブリッジでは、トークン転送を妨害したり介入したりする力を持つ、信頼できるオペレーターが1人しかいません。


中央集権的または連合的なオペレーター集団にユーザーが信頼を置く必要のない真にトラストレスなブリッジは、ブリッジとそのユーザーのセキュリティをめぐる緊急課題を解決することができます。トラストレス・ブリッジ・ソリューションは、ブリッジとブロックチェーン自体の長期的な活力にとって重要です。



課題への対応


セキュリティの低いブロックチェーン・ブリッジの主な問題は、ブロックチェーンがそもそもオープン、効率的、透明、特別である理由である、透明で分散化されたシステムを使用する利点を損なうことです。2月のWormholeブリッジ攻撃と3月のRoninブリッジ強盗は、合わせて10億ドルの資産を危険にさらし、ブリッジが安全に設計されていない場合に何が起こり得るかを示しています。


一般にブリッジは、あるブロックチェーンでトークンをロックし、別のブロックチェーンで同等のトークンを新たに鋳造することで機能し、取引中にトークンがそれぞれのブロックチェーンから離れることがないようにします。トークンは通常、最初のブロックチェーン上のブリッジ・スマートコントラクトに預けられ、そこでロックされ、取引が逆転したときにロックが解除されます。ロックされたトークンのプールはハッカーにとって蜜蜂の巣のようなもので、危険にさらされると、取引先のチェーンにあるバックされていないラップトークンの価値が疑われます。


この問題は2021年11月に開催されたアルゴランドの最新のDecipherカンファレンスで提起されましたが、その後のWormholeおよびRoninブリッジ攻撃の過激さと、ブロックチェーン・ブリッジで保有される資産の価値が2021年の初めから320億ドル以上に上昇しているという事実は、ブロックチェーン業界にとってより安全なブリッジ・ソリューションの実装に迅速に対処しなければならないことを浮き彫りにしています。



ソリューションの提供


トラストレスなブリッジ・ソリューションは、システムが安全であるために、関係する参加者が互いや第三者を知る必要もなく、信頼する必要もないため、これらのブリッジを設計・構築する上で最も安全な方法と言えます。


例えば、アプライド・ブロックチェーンとアルゴランドは、トラストレスなクロスチェーン・ブリッジを共同で開発しており、当初はインテルのハードウェア・セキュリティ・エンクレーブ(SGX)のセキュリティ特性を利用し、後にこれがアルゴランドで利用可能になった際にはステート・プルーフ(State Proof)という新しい暗号機能を使用する予定です。ステート・プルーフとは、そのブロックチェーン上に保有する資産の状態を検証する不変の一連の証明のことです。これにより、ターゲットのチェーン上のスマートコントラクトがアルゴランドのチェーンからの取引を処理することが可能になります。


トラストレス・クロスチェーン技術は、2つのブロックチェーン・ネットワークをつなぐ仲介者や第三者の必要性を排除することで、相互運用性を高め、ブロックチェーン技術の分散化の原則を堅持することを目的としています。


ステート・プルーフは、アルゴランドをより広いブロックチェーンの世界につなげ、ユーザーがクロスチェーン取引を効率的、コスト効率的、かつ安全に完了できるようにするものです。したがって、より中央集権的なシステムのセキュリティの抜け穴を塞ごうとする他のクロスチェーン・ソリューションに青写真を提供するものでもあります。


アルゴランド(ALGO)が開発中のステート・プルーフのような次世代セキュリティ対策は、ブロックチェーン・ブリッジ・プロジェクトの長期的な実行可能性にとって非常に重要です。これらは緊急のセキュリティ問題を解決するため、ユーザーと投資家の両方がこれらのソリューションを使用してチェーン間で資産を移転することを促進することになります。



Adi Ben-Ari、Applied Blockchain

Adiは20年以上のエンタープライズ・ソフトウェア経験を持ち、最近ではブロックチェーンと高度な暗号化ソリューションの大規模なデリバリーを主導しています。業界における独立したソートリーダーとして広く認知されており、主要なカンファレンスで講演を行うほか、多くのスタートアップ企業の顧問を務めています。彼の研究は英国政府からも注目されており、国会、貴族院、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンでの講演に招待されています。Adiは、機密コンピューティング、暗号、ブロックチェーン、モバイル決済に関連する数多くの特許を共同発明・設計しています。



元記事:https://cryptoslate.com/trustless-bridges-a-much-needed-solution-to-the-security-risks-of-blockchain-bridges/