Swingby、アルゴランドのエコシステムに「スカイブリッジ(Skybridge)」を導入するための助成金を獲得



Swingby、アルゴランドのエコシステムに「スカイブリッジ(Skybridge)」を導入するための助成金を獲得

by Swingby Protocol


革新的なプロジェクトに助成金を提供するアルゴランド財団の取り組みの一環として、Swingbyは、スカイブリッジ技術をアルゴランド・チェーンに導入するための戦略的助成金を同財団から受けました


Swingbyのスカイブリッジは、ビットコイン、イーサリアム、Binance Smart Chain(BSC)、その他のブロックチェーン間の信頼性の高いブリッジを提供します。マルチパーティ・コンピューティングとレイヤー2テクノロジーを搭載したメタノードの安全なネットワークを使用して、高速なトークン・スワップを実行します。最終的にスカイブリッジは、ユーザーがビットコインのような時価総額1兆ドルのデジタル資産を500億ドルのDeFiエコシステムに移動させることを可能にするとともに、ブロックチェーン間の流動性のシームレスな流れをサポートします。


昨年12月28日、Swingbyは、ビットコインとイーサリアムをWBTCでつなぐ最初のスカイブリッジを発表しました。このブリッジは毎週500万ドル以上を処理し、4500万ドル相当のSwingbyトークンを担保として提供するなど、成功裏に立ち上げた後、チームは今月(2021年3月)にリリースが予定されているBinance Smart Chainに照準を合わせました。


Swingbysの一番の目標は、常に「ビットコインをDeFiにもたらす」ことです。それを達成するために、チームは新たなビットコインの橋渡しをし、DeFiの新たな機会の主要な供給源となりそうなブロックチェーンとの連携を約束しています。ここでアルゴランドをご紹介します。



アルゴランドとは


アルゴランドは、次世代の金融商品のための世界初のオープンソース、パーミッションレス、ピュア・プルーフ・オブ・ステークのブロックチェーン・プロトコルです。このブロックチェーン、アルゴランド​・プロトコルは、チューリング賞を受賞した暗号学者のSilvio Micaliが考案したものです。アルゴランドは、極めて低いコストで、真にグローバルな規模で、非常に高速な取引を実現することで、DeFiの進化を後押ししています。これにより、新しい金融ツールやサービスの創造、破壊的な新しい決済プラットフォームの可能性、資産の迅速かつ容易なオンチェーン化、強力で堅牢なレイヤ1およびレイヤ2のスマートコントラクトの提供が可能になります。


The bridge


Swingbyは、BTCからアルゴランドへのブリッジと、イーサリアムからアルゴランドへのブリッジを立ち上げることで、ビットコインをアルゴランドのエコシステムに導入し、既存のERC20トークンを一方のチェーンから他方のチェーンへシームレスに移動できるようにします。この2つのブリッジが開始されると、アルゴランド・チェーンに存在する流動性プロバイダーは、スカイプールを介してブリッジに統合されます。



別々のマイルストーンの形でリリースされる予定のこれらの3つの開発は以下を実現します。


  • ビットコインがDeFiの世界でより利用しやすくなるよう支援する。

  • DeFiでの活動を拡大しているユーティリティ・チェーンが、現在DeFiの価値の99%をスマートコントラクトにロックしているEthereumチェーンに対抗できるようにする。

  • 別のブリッジを提供し、ユースケースを追加することで、Swingby Skybridgeのエコシステムを拡大する。新しいブリッジの立ち上げに伴い、50以上の追加のメタノード・オペレーター・スロットが利用可能になる。



「アルゴランド・チェーン上での構築を開始することに非常に興奮しています。いつも言っているように、Swingbyの主な目標は、DeFiを改善し、DeFiエコシステムの開発に投資する意思のあるプロジェクトに当社の技術を提供することですが、アルゴランドはその意思があることを明確に示してくれました。我々は、アルゴランドがDeFiの主要プレイヤーになると心から信じており、その時に彼らの主要な流動性の橋渡し役になりたいと思っています」 Jacob Plaster(Swingby CEO)。


「アルゴランド財団は、Swingby Labsのチームが革新的なスカイブリッジ技術をアルゴランドのエコシステムに導入することをサポートできることを嬉しく思います。真にグローバルで相互接続されたDeFiエコシステムを可能にすることで、ブロックチェーン・ベースの金融システムの導入がさらに加速するでしょう。Swingby Labsとの長くエキサイティングな関係を楽しみにしています」 Sean Lee, CEO アルゴランド財団


上記の新開発は、Swingby Labsとアルゴランド財団のコラボレーションの氷山の一角であり、両チームは将来にわたって、DeFiユーザーのためのより革新的でエキサイティングな機能をサポートするために協力していきます。



Swingbyについて


Swingbyは、ブロックチェーン間スワップのワープ・スピード・プロトコルであり、DeFiユーザーは信頼できるパーティーを必要とせずにブロックチェーン間で簡単に資産を移動することができます。


Swingbyのコア・プロトコルであるSkybridgeは、Bitcoin、Ethereum、Binance Chain、その他のブロックチェーン間にトラストレスなブリッジを確立します。これは、マルチパーティ・コンピューティングと閾値署名技術を使用して高速トークンスワップを実行するノードグループのネットワークによって保護されています。


最近のテストネットでは140億ドル以上の取引が行われ、ハイボリュームのライブ環境で十分にテストされています。Skybridgeの分散型テクノロジーは、クロスチェーンの流動性プーリングやDEX取引などのDeFi機能の新しい世界を、親しみやすいユーザー・クスペリエンスで実現します。


Swingbyは、12月28日にイーサリアムのメインネットを立ち上げ、すでに100億ドル以上の資本がDeFiコントラクトでロックアップされているエコシステムにビットコインをもたらしています。


Website | Whitepaper | Telegram | Medium | Twitter | Discord | Github


アルゴランド財団について


アルゴランド財団は、パブリックで分散化されたブロックチェーン技術を基盤とした、国境を越えた摩擦のない経済を実現するビジョンを持つ非営利団体です。ブロックチェーンとメインストリームの開発者の新しい幅広いコミュニティによって、アルゴランド・プロトコル上に幅広いアプリケーションが構築されることを想定しています。当財団は、持続可能で環境に優しい方法でこのイノベーションを促進することを約束します。詳細については、https://algorand.foundation をご参照ください。


Website | Whitepapers | Medium | Twitter | Discord |Telegram


Want to trade Swingby? Check us out on CoinGecko or CoinMarketCap.

Get Rewards! Stake your Swingby Token to earn up to 30% annualized (34.8% compounded) in rewards, airdropped to your wallet weekly. Use the Staking Portal or BitMax.

TestNet Explorer: bridge-testnet.swingby.network/explorer Staking Program: bridge-testnet.swingby.network/explorer Staking Program: Staking Program: https://swingby.network/earn

Telegram: https://swingby.network/telegram Twitter: https://swingby.network/twitter Reddit: https://swingby.network/reddit Discord: https://swingby.network/discord Github: https://swingby.network/github



元記事:https://www.algorand.com/resources/news/swingby-receives-grant-to-bring-skybridge-to-the-algorand

​>

Copyrights (c)  Algorand Japan

★アルゴランド公式サイト(英語)はこちら >Algorand Inc.    >Algorand Foundation