https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

セントビンセント・ド・ポール災害サービス、アルゴランド・ブロックチェーン上に構築された災害支援金支払いプラットフォーム「Kokua」を発表



セントビンセント・ド・ポール災害サービス、アルゴランド・ブロックチェーン上に構築された災害支援金支払いプラットフォーム「Kokua」を発表、自然災害の影響を受けた人々への支援金に画期的な効率性と透明性をもたらす


AID:Techとアルゴランド財団のパートナーシップにより開発された、Amazonと統合されたサバイバー・ウォレットを通じて、致命的な自然災害の被害を受けた家族が初めて、アメリカ赤十字からの援助資金を受け取ることができるようになります


2022年11月30日、バージニア州アレクサンドリア -- 自然災害や人災によって引き起こされた状況的貧困にある人々を支援する米国の大手支援団体、セントビンセント・ド・ポール災害サービスは本日、Web3 Onchain Reputation & Rewards基盤を提供するAID:Techおよびアルゴランド財団と提携して、Kokuaサバイバー・ウォレットをローンチすることを発表しました。Kokuaは、オープンでパブリックなアルゴランド・ブロックチェーンを活用し、自然災害の被災者の復興への支援を簡素化するための決済プラットフォームです。被災者は、本人確認、アルゴランド・ブロックチェーンを介したデジタル支援金の受け取り、家具や日用品などの重要な商品との交換、Amazonによる注文を、すべてKokuaの被災者ウォレット内で行うことができます。


Kokuaは、2021年冬に発生した竜巻の被害を受けたテネシー州の100世帯を対象にサービスを開始する予定です。セントビンセント・ド・ポール災害サービスとテネシー州緊急管理局によって特定された被災者は、米国赤十字社から資金提供を受けた救援を受けます。従来の支援物資の配布は、本人確認に時間がかかり、被災者の早期安定化の妨げになっていました。Kokuaは、モバイル・アプリを通じて被災者と直接つながることで、現状にある物流上の障害を回避します。


Kokuaを立ち上げるにあたり、セントビンセント・ド・ポールは、クラス最高のテクノロジー・プロバイダーと提携することを選択しました。カーボン・ネガティブでパーミッションレス、そして毎秒6,000件のトランザクションを完全なファイナリティで処理できる効率的なアルゴランド・ブロックチェーンを活用することにより、援助受給者は、換金取引が安全で確認されており、環境に害を与えていないことを確信することができます。AID:Techが開発した新しいIDプロセスは、被災者が分散型識別子(DID)を介して自分が誰であるかを確認することを可能にします。DIDは、中央集権的な登録機関、IDプロバイダー、認証機関の制御や非効率性を排除して実装されるように設計されています。


「自然災害が激しさと頻度を増し続ける中、ブロックチェーン技術は援助の必要性の高まりに対応するための実用的なソリューションです」と、セントビンセント・ド・ポール災害サービスのCEO、エリザベス・ディスコ-シアラーは述べています。「Kokuaを通じて、援助は最も必要としている人々に迅速に届き、被災者はより自律的に行動できるようになり、より広い範囲で援助に大きな説明責任がもたらされるでしょう」


Kokuaを支えるテクノロジーとパートナーは、かつてないほど重要な災害救援プロセスに効率性と透明性をもたらし、デジタル時代における援助物資の分配方法の新しいモデルとして機能します。


「アルゴランド財団のインパクト&インクルージョン・ディレクターであるマット・ケラーは、「災害救助を妨げるのは、しばしば資源の集約ではなく、その分配です。このアルゴランドが支援するサバイバー・ウォレットは、ブロックチェーン技術を独自に活用し、すべての配布がチェーン上で公に追跡可能であるため、前例のない透明性をもって、援助を必要とする人々に安全かつ効率的に配布されることを保証します」


「アルゴランド・ブロックチェーンを使って、私たちは、生存者が自分のデジタル・アイデンティティを所有し、コントロールし、管理できるようにすることで、生存者の手にコントロール権を取り戻しています」とAID:TechのCEO、ジョセフ・トンプソンは付け加えました。「被災者が当社独自の方法で認証されると、複数の団体に身元を証明する手間をかけずに、シームレスにKokuaを利用することができます」


Kokuaは、iOSとAndroidの両方のデバイスで、被災者支援にアクセスできるようになる予定です。



セントビンセント・ド・ポール災害サービスについて


セントビンセント・デ・パウロ災害サービスは、セカンド・レスポンダーであり、カトリック信徒組織で、全米で人災や自然災害の影響を受けた家族に個人対個人の復興サービスを提供しています。また、地域のヴィンセンティアン(会員)は、自然災害の影響を受けた家族を支援するために何千時間ものボランティア活動を捧げています。このプログラムは、第一応答機関(ファースト・レスポンダー)がすべて引き上げた後も、被災者の長期的なケース・マネジメントのニーズに応えるために、協会の努力を注いでいきます。https://www.svdpdisaster.org/



アルゴランド財団について


アルゴランド・ブロックチェーンは、MIT教授でチューリング賞を受賞した暗号学者シルビオ・ミカリによって設計され、国境なき世界経済の約束を実現することができるユニークなものです。ブロックチェーンは、従来の金融のスピードに匹敵する取引量を達成しながらも、即時決済、ほぼゼロの取引コスト、24時間365日体制での取引を実現します。そのカーボン・ニュートラルなプラットフォームと独自のピュア・プルーフ・オブ・ステーク(PPoS)コンセンサス・メカニズムは、分散型プロトコル上でセキュリティとスケーラビリティの両方を実現し、2019年の稼働以来1秒たりともダウンタイムなく「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決しています。


アルゴランド財団は、アルゴランド・ブロックチェーンの健全な通貨供給経済、分散型ガバナンス、健全で豊かなオープンソースエコシステムに責任を持ち、その世界的約束を果たすための支援に取り組んでいます。詳細については、https://algorand.foundation をご覧ください。



AID:Techについて


AID:Techは、デジタルIDと決済を融合させ、Web2.0からWeb3.0へのIDオンランプを構築しています。AID:Techは、災害救援金の支払いなどの実世界のユースケースに焦点を当て、非クリプト・ネイティブの人々に分散化と自己主権型IDの利点をもたらしています。AID:TechのOnchain Reputation & Rewardsインフラは、人々が物理的にも仮想的にも社会に貢献する際に、評判スコアを構築し、時間、努力、エネルギーに対して報酬を受けることを可能にします。詳しくは、https://aid.technology をご覧ください。



元記事:https://www.algorand.foundation/news/st-vincent-de-paul-disaster-services-launches-kokua


Comentarios


bottom of page