著名なエコノミスト、ポール・ミルグロム博士がアルゴランドの顧問に就任



著名なエコノミスト、ポール・ミルグロム博士がアルゴランドの顧問に就任


アルゴランドは、ポール・ミルグロム博士がその卓越したアドバイザーリストに加わり、現代のミクロ経済理論の広範にわたる深い専門知識をアルゴランドのチームとコミュニティにもたらすことを発表します。次世代のブロックチェーン・プラットフォームであるアルゴランドは、金融機関や中央銀行デジタル通貨を中心に採用が増えています。Layer-1に直接組み込まれた専用の機能により、アルゴランドの純粋なプルーフ・オブ・ステークスのブロックチェーンは、将来の洗練されたアプリケーションのための説得力のあるオプションであることが証明されています。


アルゴランドの採用が増加している最近の主な例としては、初のFCA規制取引所Archax、TetherやCenterのUSDCなどの広く使用されているステーブルコイン、マーシャル諸島との初の国家デジタル通貨、プライベート投資プラットフォームRepublicとのファーストインクラスのデジタル資産などがあります。


ミルグロム博士は次のように述べています。「現在利用可能な最も先進的で高性能なブロックチェーンプラットフォームの1つにアドバイスを提供できることを光栄に思います。ブロックチェーンの普及につながる可能性のあるものを提供している先見性のあるチームの一員になれるのは、とてもワクワクします。私の経験と知識をアルゴランドとそのコミュニティの発展に役立てたいと思っています。」



ポール・ミルグロム(Paul Milgrom)博士の略歴


ポール・ミルグロム博士は、スタンフォード大学経済学部のシャーリー・アンド・レナード・エリィ人文科学教授であり、また経営科学・エンジニアリング学部ビジネススクールの両方の教授も務めています。2020年には、米国経済協会のDistinguished Fellowに選ばれています。 Distinguished Fellowによると、ミルグロム博士は「世界有数のオークション設計者であり、米国連邦通信委員会(FCC)が実施したものを含め、過去30年間に世界中で行われた電波スペクトラムのオークションの多くの設計を支援してきました(アクティビティルールを採用した最初の同時複数ラウンドオークションから、現代的な用途のための放送スペクトラムの再利用を目的とした最近のインセンティブオークションまで)。オークションの設計とコンサルティングにおける応用的な仕事は、経済学者がより広い世界と対話するための新しい方法を確立しました。博士はまた、オークションの理論だけでなく(ウェーバーとの1982年の論文を含む)、現代のミクロ経済理論の範囲にわたって基礎的な洞察を提供してきており(そして今も提供し続けています)、並外れた幅の広い理論家でもあります。」


続けて、「彼の業績は広く認められています。彼は、全米科学アカデミーおよび米国芸術科学アカデミーの会員です。2008年Nemmers賞、2012年BBVA Foundation Frontiers of Knowledge賞、2014年Golden Goose賞(McAfee、Wilsonとの共同受賞)、2018年CME Group-MSRI Prize in Innovative Quantitative Applications、2018年John J. Carty Award for the Advancement of Science(Kreps、Wilsonとの共同受賞)などの主要な賞を受賞しています。博士は多くの成功した経済学者の論文アドバイザーでもあります。」


ミルグロム博士は2冊の本の著者であり、経済理論の多くを網羅する彼の出版物は、他の人から10万回以上引用されています(Google Scholarによる)。ミルグロム博士は、電波スペクトラム政策とオークションの理論と応用の第一人者であり、北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアで電波スペクトラム・ライセンスを販売するために最も一般的に使用されている2つのオークション形式を共同で考案し、UHF-TVチャンネルをモバイル・ブロードバンド用に再配分した米国インセンティブ・オークション・プロセスを設計したオークショノミクス・チームを率いています。


元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/paul-milgrom-joins-algorand-advisor