https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

ナイジェリア、Developing Africa GroupおよびKoibanxと提携し、Algorand上でIP Exchange MarketplaceおよびWalletを立ち上げへ



ナイジェリア、Developing Africa GroupおよびKoibanxと提携し、Algorand上で主要なクリプト・イニシアチブとしてIP Exchange MarketplaceおよびWalletを立ち上げへ

MONTEVIDEO, Uruguay, May 23, 2022 /PRNewswire/ --ナイジェリア政府はDeveloping Africa Groupと3年間のIPR(知的財産権)独占契約を結び、国内で作成・登録されているすべてのIP形態の国際商業化を可能にする国家規模のウォレットを立ち上げることを決定しました。この知的財産権独占契約は、政府が、地域のソフトウェア開発企業であるDeveloping Africa Groupに、国民があらゆる形態の知的財産権をアップロードして海外で取引、販売、交換し、そのロイヤルティと収益をウォレットで回収できるような国の公式プラットフォームを構築することを認めるというものです。


今回の合意により、商標、特許、あらゆる形態の著作権(楽曲、歌詞、ビデオ、ショー、レクチャー、ポッドキャスト、あらゆる形態のストリーミング可能なコンテンツなど)が含まれます。


Developing Africa Groupは、同国で利用されるトークン化および決済エンジンとしてKoibanxを、プラットフォームを構築するプロトコルとしてAlgorandブロックチェーンを政府の承認のもと選択しています。Koibanxは、ラテンアメリカの資産トークン化およびブロックチェーン金融インフラのリーディング・カンパニーで、ウォレットの実装、販売されるIPのトークン、クリエイターに支払うステーブル・トークン(ナイラに相当)を担当し、さらに世界トップレベルのカード発行会社、コンテンツ・ストリーミングのプラットフォーム、法律事務所やデータ・マイニングなどのトップベンダーとの技術統合を行います(これらはすべてローンチまでに発表予定です)。


すべてのトークンは、Algorandブロックチェーンの上でローンチされる予定です。「Algorandプロトコルは、このような大規模なプロジェクトを実施するために必要なパフォーマンス、スケーラビリティ、セキュリティ、機能性を提供するだけでなく、政府にとっても重要な環境に優しいことで、我々がここでターゲットにしている『クリエイターズ・エコノミー産業』と哲学的に非常にマッチしています」と、Developing Africa GroupのCEO、Ben Oguntalaは述べました。


これは「Koibanx-Algorand」として初の実装ではなく、相乗効果はすでに、コロンビアにおけるブロックチェーン・ベースの国家市民IDおよび情報プログラム(現在1200万人のユーザーを有する)、エルサルバドルの国家登録プラットフォーム(IP、土地、車両、法人格を包括する)、地域の銀行に対する10以上の異なる決済実装など、ラテンアメリカ全域のいくつかの最近の国家および民間イニシアチブに及んでいます。Koibanx-Algorandは、ラテンアメリカで急成長するデジタル経済に、より効率的なインフラとツールを提供するため、躍進を続けています。


「Developing Africa Groupが達成したことは、本当に素晴らしいことです。ナイジェリアのIPRウォレットは、おそらく世界最大のクリプト・プロジェクトでしょう。エルサルバドルの挑戦(KoibanxはChivoのライトニング・ネットワーク実装も管理しました)では、数百万人の市民の生活に影響を与え、この経験の後、コロンビア政府のプラットフォームに乗り出し、数千万人を扱いました... 私は、このイニシアチブが簡単に5千万人の生活を変えられると信じています。2015年にKoibanxを立ち上げたときから、ブロックチェーン技術と暗号通貨は新興市場の経済発展のための基礎的なビルディング・ブロックであると確信しており、それがどのように起こっているかに積極的に関与できることは間違いなく我々の特権です」とKoibanxのCEO、Leo Elduayenはコメントしています。


この取り組み自体は、クリプト産業がその始まりから想定してきた2つの大きな事実を物語っています。まず、クリプトの導入とトークン化された資産が「新興市場」(エルサルバドル、ナイジェリア、コロンビア、パナマ、パラグアイ)で行われているのは単なる偶然ではありません。第二に、ラテンアメリカとアフリカは、社会経済状況、人口動態、インフレ通貨、クリプトの採用、金融に疎い人口、急速に普及するスマートフォンなど、人が直接評価するよりもはるかに多くのことを共有しています。


上記の企業の幹部は、イニシアチブが発展し始めると(2023年1月までに開始される予定)、コロンビアと中央アメリカ(アフリカの巨大な上昇を持つ国や地域)で機能を複製するための会話がすでに行われていることを確認しました。私たちは、ラテンアメリカとアフリカがクリプト世界の震源地になるのを目前にしているのです。



Developing Africa Groupについて


Developing Africa Group (DAG) は英国に拠点を置く知的財産権 (IPR) 商業化団体で、雇用の創出、貿易サービス、アフリカで切望されている開発機会の実現により、アフリカ開発の手段としてIPRを活用することに注力しています。DAGは、一般のアフリカ人が知的財産権を発見し、登録し、その知的財産権を商業的に利用するために国際市場へのアクセスを与えられるように、様々な部門にわたる知的財産権開発プラットフォームを育成することによって、この目標を達成することを目指しています。DAGは、アフリカ全体の貿易と雇用を創出する手段として、IPRを使用してアフリカのすべての国で活動することを目指します。

https://developingafrica.net



Algorandについて


チューリング賞受賞の暗号学者シルビオ・ミカリによって設立されたAlgorandのパブリックでオープンソースのブロックチェーン・インフラは、DeFi、金融機関、政府がFutureFiにスムーズに移行するために必要な取引量を処理する相互運用性とキャパシティを提供します。700以上のグローバル組織に選ばれているAlgorandは、次世代金融商品、プロトコル、価値交換のシンプルな作成を可能にしている技術です。

https://algorand.com



Koibanxについて


2015年に設立されたKoibanxは、ラテンアメリカの金融システム向けにブロックチェーン・ベースの金融プラットフォームと商品を提供するリーディング・カンパニーであり、パイオニア的存在です。同地域における業界の技術革命をリードし、アルゼンチン、コロンビア、メキシコ、エルサルバドル、ウルグアイの銀行・金融セクターに対して決済・資産トークン化サービスを提供しています。同社のプラットフォームを通じて、顧客のインフラは、決済、ファクタリング、資産のトークン化において、より安全で迅速、かつ収益性の高いものとなり、新たな市場セグメントに到達する可能性があります。Koibanxは、マルチアセット決済を可能にするレールを構築し、金融システムの保有資産を流動化することで、暗号通貨、不換紙幣、証券、商品、ポイントなどを使った混合決済や部分決済を可能にしています。

https://www.koibanx.com




元記事:https://www.prnewswire.com/news-releases/nigeria-to-launch-major-crypto-initiative-ip-exchange-marketplace-and-wallet-on-algorand-in-partnership-with-developing-africa-group-and-koibanx-301553306.html