新・長期アルゴ・ダイナミクス・モデル



新・長期アルゴ・ダイナミクス・モデル


アルゴランド財団は本日、改訂された長期的なアルゴ・ダイナミクス・モデルを提案しました。10年間以上、つまり2030年を越えるまでの期間に対して設計されたこの新しいモデルは、エコシステム支援、コミュニティのインセンティブ、アルゴランド・コミュニティの長年の目標であるアルゴランド・ブロックチェーン上での意思決定とガバナンスの分散化を中心としたプログラムに焦点を当てています。これらのプログラムの中心となるのは、アルゴランドのエコシステムのガバナンスに参加することにコミットし、潜在的に長期的にALGOをロックすることでそのコミットメントを証明する参加者、既存の参加者、将来の参加者に利益をもたらす新しいコミュニティ報酬システムです。


この新しい報酬システムとエコシステム支援の提案は、ジェネシスでミントされた100億ALGOの中から、以前は割り当てられていなかった資金の配分によって資金を調達し、完全に分散化された新しい意思決定プロセスを使用して分配されます。



1. コミュニティ報酬


25億トークンは当初はロックされ、参加報酬に割り当てられ、約10年間で分配されます。このトークンは、自動的に動作するスマートコントラクトを介して、ガバナンスの報酬メカニズムに注入されます。


これらのトークンの受け手は、シルビオ・ミカリの「分散型ガバナンス」提案の精神に則り、ガバナンスを支援するためにトークンをロックすることに同意した人たちとなります。


これらのトークンの配布は、インフレを制御し、時間の経過とともに希少性を達成するために最適化された、より広範で長期的なモデルの中で達成されます。詳細については、Massimo Moriniのアルゴ・ダイナミクスをお読みください。



2. エコシステム支援


12.5億トークンがエコシステムの延長サポートに割り当てられ、スマートコントラクトにロックされることになります。 これらのトークンは、10年を越える期間に定期的にアンロックされ、どの年でも2億を超えることはありません。


トークンのロック解除は、アルゴ・ダイナミクスで定められた全体的なトークン配布計画の一環として行われます。


ロック解除されたトークンは、財団または他のパートナー企業が承認を得るために提出した助成金、戦略的イニシアチブ、研究開発プロジェクトを支援するために使用することができます。


エコシステム支援トークンの配分に関する財団の提案は、マッシモ・モリーニの『アルゴ・ダイナミクス』に記載されており、シルビオ・ミカリが提案するように、コミュニティの参加を得て実施される予定です。


所定の期間に未使用のトークンについては、最初の10年の期間に続いて、再ロックされ、毎月ロックが解除されるように設定されます。



元記事:https://algorand.foundation/news/new-algo-dynamics-overview