音楽イノベーションの最前線に立ち続けるナップスター(Napster)



音楽イノベーションの最前線に立ち続けるナップスター(Napster)


ナップスターは、アルゴランドとHivemindに買収され、現在はアルゴランドのエコシステムの一部となっていますが、常にテクノロジーの最前線に立ち続けています。1999年にショーン・ファニングとショーン・パーカーによって設立されたナップスターは、史上初のピアツーピア(P2P)音楽ファイル共有サービスでした。


ナップスターは、当時まだほとんど知られていなかったMP3ファイルをバーチャルに無料で共有できるようにしました。ユーザーは、デジタル化されたカセットテープ、CD、レコードなどから曲を送り合うことができました。未発表の曲やレアな曲、あまり知られていないアルバム、さらには世界ナンバーワンの曲も含まれていました。


このサービスは、当初は大成功を収め、ネットワークの混雑を理由に禁止された学校もあったほどです。ピーク時には、2,600万人以上のアクティブユーザーがいました。ナップスターはストリーミング・メディアの先駆けであり、それまで不可能だった音楽の入手を可能にしました。ナップスターのP2Pサービスは、まさに斬新であり、音楽業界におけるアーティストとファンの交流のあり方を一変させました。しかし、当時の技術では、ナップスターのビジョンを完全に実現することはできなかったのです。


2002年、デジタルメディア企業のRoxioがナップスターの資産を買収しました。彼らは、ナップスターを「ナップスター 2.0」にブランド変更し、サブスクリプション・ベースでサービスを提供するようにしました。


ナップスターは、音楽業界の最前線に立つ革新者としてのルーツを常に維持しながら、進化し続けました。「ナップスター」ブランドはヨーロッパで人気を博し、世界的な認知度を高め続けました。そして2020年、仮想現実のコンサート企業であるMelodyVRがNapsterを買収しました。



2022年5月10日、アルゴランドはHivemindと提携し、ナップスターを買収しました。この買収により、アルゴランドの考えるWeb3の将来像と、ナップスターの考えるアーティスト・ファーストでよりファンに優しい音楽業界のビジョンが一致しました。


ナップスターは、P2P技術を使って、音楽ファンがそれまで不可能だった方法で音楽を共有できるようにし、Web1の音楽業界をディスラプトする元祖としてスタートしました。その後、ナップスターは様々なオーナーを通じて、完全にライセンスされた有料ストリーミング・サービスへと発展していきました。


アルゴランドはナップスターを買収することで、その原点に立ち返り、すべての参加者、特にアーティストに利益をもたらす分散型の音楽エコシステムを促進することに注力できます。唯一のカーボン・ネガティブなブロックチェーンに支えられ、世界的に認知された「ナップスター」ブランドは、Web3における持続可能な音楽サービスを構築する上でユニークなポジションを得ることになります。


ナップスターは20年前に音楽技術の最前線に立ち、これからもアルゴランド・ブロックチェーン上で音楽を前進させ続けることでしょう。


ナップスターのライトペーパーを読み、Discordのコミュニティに参加して詳細をご確認ください。




元記事:https://medium.com/algorand/napster-continues-to-be-on-the-front-line-of-music-innovation-ac9ef000bd39