相互運用性、スピード、そしてオンチェーン・ランダムネス



相互運用性、スピード、そしてオンチェーン・ランダムネス


本日、アルゴランド・プロトコルの最新リリースである「Algorand 3.9」を発表することができ、とても嬉しく思います。トラストレスな相互運用性を可能にするステートプルーフ(State Proofs)、6,000TPS(毎秒取引処理数)、4秒以下の平均ブロック・レイテンシー、スマートコントラクト内のオンチェーン・ランダムネスを持つ「AVM 7」の導入により、このリリースはアルゴランドの能力をさらに拡大し、ネットワークの技術的最前線を維持するものです。これらの機能は、ネットワークがアップグレードを完了した時点で、来週から利用可能になる予定です。


ステートプルーフ(State Proofs)


ステートプループは、軽量で暗号学的に証明可能な、アルゴランドの状態のポータブルな証明で、他のブロックチェーン上のdAppsにアルゴランドの取引をトラストレスに検証させることができます。ステートプルーフによって、ダイレクト・ブリッジなどのクロスチェーン製品の開発が容易になり、既存のブリッジ・ネットワークに必要な信頼が軽減されます。また、ステートプルーフは、これらのクロスチェーン・サービスをより安全に利用できるようにします。さらに、ステートプルーフはポスト量子セキュアであり、アルゴランドは量子コンピュータからも履歴を保護する初めての大規模L1ネットワークとなります。


パフォーマンス


ブロックチェーン技術への需要が高まるにつれ、基盤となるプロトコルのパフォーマンスも向上する必要があります。アルゴランドは、エンドユーザーの要求を上回り、お客様がトランザクションで待つ必要がないようにすることを約束します。開発者と彼らが作成した素晴らしいdAppsからのトラフィックをサポートするために、私たちはこれまでの5倍の6,000TPSにパフォーマンスを引き上げました。ネットワークはより大きなブロック(5Mib)を生成し、かつ、より速くブロックを生成するようになりました(ブロック・レイテンシーとファイナリティは4秒以下)。


AVM 7とオンチェーン・ランダムネス


オンチェーン・ランダムネスは、dApp開発者に非常に求められている機能です。それは宝くじや公正な選択などのユースケースを可能にしますが、開発者は信頼できるソースにアクセスすることができませんでした。AVM 7は、すべてのスマートコントラクトが必要なときに安全なソースから新鮮なランダムネスを得ることを可能にするランダムネス・オラクルを作成する機能を提供します。


これらの機能については、今後数日以内にブログで紹介する予定です。


最後に、コードを書き、バグを報告し、リリース候補をテストし、素晴らしい新たなアイデアを提供して、このリリースに貢献してくれた私たちの偉大なコミュニティの皆さんに感謝します。コードはGithubで公開されています。もしバグを見つけたり、改善のためのアイデアをお持ちの場合は、ぜひ課題を提出してください。



元記事:https://medium.com/algorand/interoperability-speed-and-on-chain-randomness-fb8ec9a53cde