No.26 - DLTと市場インフラの統合:TIPSとDLTプラットフォーム間の安全なDvPの分析と実証実験 by イタリア銀行



No.26 - DLTと市場インフラの統合:TIPSとDLTプラットフォーム間の安全なDvPの分析と実証実験 by イタリア銀行


デジタル資産市場の台頭は、ネイティブなデジタル資産(例:ノンファンジブル・トークン、ユーティリティ・トークン)と非デジタル資源を表す資産(例:セキュリティ・トークン、ステーブルコイン、電子マネー・トークン)の両方で、投資家の間での分散型台帳技術(DLT)プラットフォームの普及の高まりと密接に結びついています。デジタル資産の取引量が増加していることから、中央銀行の資金が決済の安全性と効率化にどのように貢献できるかを調査する価値があります。現時点では厳密には必要ありませんが、中央銀行は、金融関連資産の決済プロセスの中核に中央銀行貨幣を据えることができるよう、間違いなく準備すべきです。そのためには、デジタル資産の交換を規制するインフラと、中央銀行貨幣の決済サービスを提供するインフラという、現在独立しているインフラ間の相互運用性を高めるための可能な解決策を特定することが必要です。この目標を達成する方法は、中央銀行の資金が安全に管理されている市場インフラを通じて、これらの取引が行われるようにすることです。そのためには、DLTプラットフォームと市場インフラの間に「橋」を架けることが必要です。


この論文では、いくつかの技術的な相互運用性モデルを分析し、DvP(delivery versus payment)取引のアセット・レッグとキャッシュ・レッグを同期させるための2つの異なるソリューションを評価した2つの実験結果について説明します。どちらもTIPS(Target Instant Payment Settlement)プラットフォームを使用して、キャッシュ・レッグの決済サービスを提供しています。「TIPS Hash-Link」と名付けられた最初のプロトコルは、軽量でAPIベースのDLTに依存しないプロトコルであり、市場インフラと大半のDLTプラットフォームの疎結合な統合を可能にします。TIPS Hash-Linkは、Hash-Time Locked Contracts(HTLC)プロトコルにヒントを得て、HTLCでよく経験されるいくつかの失敗シナリオを克服するために特別に調整されました。TIPSを信頼できる資金の預託先として活用し、DLT上で安全かつ一貫した方法でDvP操作を調整するスマートコントラクトとして活用することができます。2つ目は、「TIPS-Algorand Just In Time Locking」と名付けられたもので、特定のDLTプラットフォームであるアルゴランドが提供する機能を活用するものです。特に、アトミック性を保証するDvPトランザクションを簡素化する、選択したDLTのネイティブ機能を活用します。そのため、このアプローチでは、2つのシステムが相互に作用するために直接接続される必要があります。



元記事:https://www.bancaditalia.it/pubblicazioni/mercati-infrastrutture-e-sistemi-di-pagamento/approfondimenti/2022-026/index.html?com.dotmarketing.htmlpage.language=1