https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

ヘデラとアルゴランドのエコシステムが共同でDeRecアライアンスを結成し、マス・マーケットでの分散型リカバリーを可能に


ヘデラとアルゴランドのエコシステムが共同でDeRecアライアンスを結成し、マス・マーケットでの分散型リカバリーを可能に

ヘデラとアルゴランドのエコシステムが共同でDeRecアライアンスを結成し、マス・マーケットでの分散型リカバリーを可能に

分散型リカバリーにより、コールド・ストレージ、セルフ・カストディ、その他のアカウント・リカバリーの初期形態があらゆる種類のアセットに不要に


サン・モリッツ(スイス)2024年1月11日:HBAR財団、アルゴランド財団、ハッシュグラフ協会、Swirlds Labs、DLT科学財団、業界パートナーであるThe Building BlocksとBankSocialを含むヘデラとアルゴランドのエコシステム全体の事業体は、クリプトやその他のアセットの回復と採用を劇的に簡素化する新しい相互運用性回復標準の開発で提携します。


Web3アプリケーションが主流になるにつれ、アプリケーション・プロバイダは、ユーザー・エクスペリエンスをシームレスでユーザー・フレンドリーなものにし、世界中の多くの人々に広く採用されるようなシンプルなものにしたいと考えています。今日、Web3を体験できるのは、デジタル資産、アカウント、キー、パスワードなどのオンライン上の秘密を保護する困難なタスクを引き受けることを厭わない、高度に洗練されたユーザーのみです。


DeRecアライアンスは、Web3のエコシステムを結集し、オープンソースで業界標準の方法論を提供することで、デジタル資産の回収をウォレット間で苦痛なく安全に行うことを目的としています。今朝、スイスで開催された業界をリードするカンファレンス「CFCサンモリッツ」で発表され、ヘデラの共同設立者でありSwirlds Labsの共同CEOであるリーモン・ベアード博士とアルゴランド財団のCTOであるジョン・ウッズが、レイヤー1のスーパーパワーに関する午前中のパネルで共同講演を行いました。


ベアード博士「DeRecアライアンスは、デジタル資産、アカウント、パスワード、その他の秘密の保護と回復のプロセスを、既存のWeb2体験のようにシンプルにすることにコミットした個人と組織のグループです。私たちは、あらゆるブロックチェーンとあらゆる業界が協力し、複雑さを伴わずにWeb3の約束に安全性をもたらすために必要な標準とオープンソースコードを作成することを奨励します。」


ウッズ「シームレスなユーザー・エクスペリエンスは、あらゆる優れた製品の核となるものです。ヘデラやアルゴランドのようなプロジェクトが世界中の人々にその利点をもたらすためには、使いやすさを最大化し、自己主権に伴うリスクを最小化する必要があります。


DeRecは、Web3のUXの最大の問題のひとつであるキー・オーナーシップを解決するための野心的な取り組みです。そして何よりも、プロジェクトにとらわれない、つまり業界全体で完全に相互運用可能な方法で実現されています。アルゴランドは、このストーリーの一部になれることに興奮しています。」


プロトコル


分散型リカバリー(DeRec)オープンソース・プロトコルは、秘密管理の標準的なアプローチであり、必要なときにユーザーの秘密を回復する手助けをすることができるヘルパー(友人や企業など)の間での秘密共有に基づいています。各ヘルパーの共有は元の秘密に関する情報を明らかにせず、ユーザーが携帯電話や他の二要素回復デバイスを紛失した場合でも、半分のヘルパーは秘密を再構築するためにユーザーに彼らの共有を与えることができます。このプロトコルには、ヘルパーがまだ秘密の共有を持っていることを自動的に定期的に確認する機能と、秘密が変更されたときやヘルパーが加入・離脱したときに自動的に再共有する機能があります。ユーザーは、ヘルパーが誰であるか、また何人のヘルパーがいるかさえ決して明らかにせず、ヘルパーでさえそれを知ることはありません。


DeRecアライアンスへの参加や、DeRecアライアンスのプロトコルを活用した技術の採用に興味のある団体は、ウェブサイトをご覧ください。https://derecalliance.org/



DeRecアライアンスについて


DeRecアライアンスは、Web2およびWeb3のエコシステム全体からの先進的な企業のグループであり、デジタル資産、アカウント、およびその他の秘密の保護と回復のプロセスを、既存のWeb2の経験のようにシンプルにすることにコミットしています。新しいオープンソースの標準を活用することで、これらの組織は、複雑さを伴うことなく、ユーザーやより広い世界がWeb3の約束を実現できるよう協力しています。詳細については、ウェブサイトをご覧ください。



bottom of page