クリプト・ブローカーのフローティング・ポイント・グループ(Floating Point Group)、アルゴランド上のサークルのUSDCサポートを発表



クリプト・ブローカーのフローティング・ポイント・グループ(Floating Point Group)、アルゴランド上のサークルのUSDCサポートを発表


ニュージャージー州ホーボーケン、 2021年2月17日 /PRNewswire/ -- フローティング・ポイント・グループ(FPG)は、貿易決済の迅速化と資金の流れを効率化するために、アルゴランド上のUSDC(USDCa)のサポートを追加しました。


同社のUSDCaの統合は、機関投資家が直面する資本効率の問題を解決するための多くの取り組みの一つです。ブロックチェーン開発企業アルゴランドの基盤技術の効率化により、数秒以内に米ドルを送金できるようになることで、既存のソリューションと比較して数桁のスピードアップを実現しています。FPGの機関投資家の顧客は、銀行システムの外でほぼ瞬時にプログラムによる決済を選択できるようになりました。USDCaをサポートする取引所間の移動はわずか数秒で完了し、FPGの顧客にとってはより洗練された取引メカニズムを可能にし、最終的には市場の分断を減らすことができます。


「暗号通貨市場の成長を阻害している資本効率の問題を緩和するための我々の取り組みの一つを発表できることに興奮しています」と、フローティング・ポイント・グループのCEOであり共同創設者であるJohn Peurifoyは述べています。「サークルとアルゴランドのチームは、ドルの送金をほぼ無料かつ即時に実行可能にするという信じられないビジョンを実行しており、当社のプラットフォームを次のレベルに引き上げる強力な力となっています」


このリリースの時点では、イーサリアム上のUSDCをコインベースのような取引所に移動するのには約500秒かかります。アルゴランド上のUSDCでは、5秒以下です。昨年1年間で、ビットコインの価格は何十回も500秒以内に5%以上も動いており、実質的なバランスシートを管理している投資家にとって、価値移転のスピードはこれまで以上に顕著であることを意味しています。


今回の発表は、ステーブルコインの採用とフローティング・ポイント・グループの両方が爆発的に成長した時期に続いており、後者は昨年5月末に資金調達を発表して以来、1000%以上の成長を遂げています。2019年6月以降、USDCは450%成長し、現在流通している供給量は約60億ドルに達しています。



フローティング・ポイン・トグループ(Floating Point Group)について


FPGはMIT発のスタートアップで、金融を再定義するために暗号通貨経済の成長を加速させています。同社のプラットフォームは、複雑な暗号通貨取引のための暗号通貨市場へのシームレスなアクセスを提供し、取引所口座への資金供給や取引の決済を桁違いに簡単かつ安全にしています。同社は、Tribe Capital、Naval Ravikantに支援されており、成功したテック企業家や資産管理企業の幹部によって運営されています。


FPGは、ニュージャージー州ホーボーケンに本社を置き、ケイマン諸島にオフィスを構えています。



元記事:https://www.algorand.com/resources/news/floating-point-group-announces-support-for-usdc-on-algorand