アルゴランドの2名、2022年ダイクストラ賞を共同受賞



アルゴランドのアドバイザーであるMaurice Herlihyとシニア・アルゴリズム・リサーチャーのVictor Luchangcoが、分散コンピューティング分野で最高の栄誉の1つである2022年ダイクストラ賞の共同受賞者に選ばれました!



エドガー・W・ダイクストラ賞(分散コンピューティング分野)とは


エドガー・W・ダイクストラ賞は、分散コンピューティング分野のパイオニアであるエドガー・ワイベ・ダイクストラ(1930-2002)にちなんで命名されたものです。ダイクストラは、セマフォなどの並行処理プリミティブ、相互排他やデッドロックなどの並行処理問題、並行システムの推論、自己安定化に関する基礎的研究を行い、分散コンピューティングの分野を支える最も重要な基盤のひとつとなりました。本賞は、分散コンピューティングの原理に関する優れた論文で、少なくとも10年以上にわたって分散コンピューティングの理論および/または実践に重要な影響を与え続けてきたものに贈られます。この賞は、ACM Symposium on Principles of Distributed Computing (PODC) と EATCS Symposium on Distributed Computing (DISC) が共同で主催しているもので、毎年、PODCとDISCで交互に発表されます。受賞者は賞金を共有し、各受賞者には楯が贈られます。受賞者の発表は、その年のPODCおよびDISCのプロシーディングスに掲載され、その論文の永続的な貢献が記述されます。


Prize-winning papers

  • 2022 citation

  • Maged M. Michael for “Safe Memory Reclamation for Dynamic Lock-Free Objects Using Atomic Reads and Writes” in Proceedings of the 22nd ACM Symposium on Principles of Distributed Computing (PODC), Monterey, CA, USA, July 2002, pages 21–30.

  • Maurice Herlihy, Victor Luchangco, and Mark Moir for “The Repeat Offender Problem: A Mechanism for Supporting Dynamic-Sized, Lock-Free Data Structures” in Proceedings of the 16th International Symposium on Distributed Computing (DISC), Toulouse, France, October 2002, pages 339–353.



元記事:https://www.podc.org/dijkstra/