デジタル証券:企業と金融機関のためのガイド



デジタル証券:企業と金融機関のためのガイド


ブロックチェーンは、急成長している暗号通貨業界を動かすだけでなく、従来の金融を再構築しています。金融における最も有望なブロックチェーンのユースケースの1つは、デジタル証券の発行と取引です。


このガイドでは、デジタル証券とは何か、資本市場の効率性と流動性を向上させる可能性があるのか、についてご紹介します。



デジタル証券とは?


デジタル証券とは、ブロックチェーン上にデジタルで表現された金融証券のことで、トークン化証券やセキュリティ・トークンとも呼ばれています。非中央集権的なネットワーク上に存在するとはいえ、従来の証券法の範囲内にあります。


デジタル証券を理解するためには、そもそも証券とは何かを定義することから始める必要があります。金融証券とは、プライベート市場や公開市場で資金を調達するために用いられる、ファンジブルでトレード可能な金融商品のことです。


伝統的に、有価証券には3つの主要な種類があります。


  • エクイティ(非上場企業の株式や上場企業の株式など)、

  • デット(債券など)、

  • そして転換社債や優先株式など、株式と債券の両方の性質を併せ持つハイブリッド型があります。

また、オプションや先物などの金融派生商品も有価証券とみなされます。したがって、コモディティは有価証券ではありませんが、コモディティベースのデリバティブ(原油、金、ビットコインの先物など)は有価証券とみなされます。


近年、デジタル化の流れは加速しており、投資家は、分散型金融(DeFi)やノン・ファンジブル・トークン(NFT)などの暗号分野の急成長を注視しています。とはいえ、伝統的な証券市場も技術を試行錯誤しながら採用しています。


証券市場は巨大であり、株式、債券、デリバティブの非モノ化は始まったばかりで、今後数年で加速すると思われます。


証券業・金融市場協会(SIFMA)のデータによると、2021年時点で、世界の債券市場の規模(債務残高の合計)は119兆ドルに達しています。他にも、マッキンゼーの最新レポートによると、2020年の世界の株式市場の規模は約90兆ドル、プライベート・エクイティ市場全体の運用資産総額(AUM)は7.4兆ドルと過去最高を記録しています。


ブロックチェーンは今後数十年のうちにすべての証券の基盤となるかもしれませんが、当面の勝者は流動性不足に対処しているプライベート・エクイティ市場です。



デジタル証券の種類


デジタル証券の多様性は、伝統的な証券の多様性にも通じるものがあります。現在、デジタル証券には大きく分けて4つの種類があります。


  • 株式 - 株式を表すデジタル証券は、民間企業の持ち分や会社の株など、特定の資産に対する所有権を提供します。これは、現在最も人気のあるセキュリティ・トークンのタイプです。

  • 債券 - 債券セキュリティ・トークンを保有することで、投資家は所定の期間にわたって固定収入を得ることができ、発行者はより便利な方法で資金を調達することができます。

  • 不動産 - 不動産はそれ自体が証券とはみなされませんが、株式や債権などの不動産関連資産は証券です。ブロックチェーンは、実世界の不動産をトークン化するために使用することができ、その場合、結果として得られるデジタル・トークンは所有権の端数を表し、したがってデジタル証券として扱うことができます。また、この技術は、家賃などの債権資産のトークン化にも利用できます。

  • コモディティ - デジタル証券は、金や原油の先物など、コモディティ関連の資産を表すことができます。


なお、デジタル証券は、Synthetix、Abra、Universal Market Access(UMA)などのDeFiプロジェクトで普及しているシンセティック・アセットとは異なります。シンセティックはほとんどが投機的なトークン化された投資商品であり、デジタル証券はブロックチェーン上に存在する規制された証券です。



デジタル証券と伝統的証券の比較


デジタル証券は、その法的地位において、伝統的な証券と同じ属性を持っています。


しかし、より柔軟で、より速く、より簡単に扱うことができます。デジタル・ファイルと紙の文書の違いを考えてみると、デジタル証券と伝統的な証券の間にも同じような違いがあります。


現在でも、証券の発行は煩雑なプロセスであり、ほとんどが手作業と紙ベースのシステムであるため、多くの時間、費用、労力を必要とします。一方、デジタル証券の発行コストは、プロセスがより簡単で便利であるため、はるかに低くなっています。


ブロックチェーンのおかげで、デジタル証券はよりアクセスしやすく、透明性、柔軟性、流動性に富んでいます。



デジタル証券は資本調達にどのような影響を与えるか?


デジタル証券のおかげで、資本調達の状況は改善されようとしています。ベンチャー・キャピタル(VC)は、現在、デジタル証券の最も一般的なユースケースの一つであり、多くの企業が、いわゆるセキュリティ・トーク・オファリング(STO)の開催を選択しています。これは、世界中のVCや個人投資家を惹きつける便利な資金調達の仕組みです。


デジタル証券は、発行者と投資家の双方に大きな効率性、機会、流動性を提供するため、プライベート・オルタナティブ・アセットの円滑な移転を妨げていた多くの摩擦を取り除きます。


ブロックチェーンを利用することで、公開・非公開を問わず、あらゆる企業があらゆる種類の証券をトークン化することができます。デジタル証券は、スマートコントラクトによって信頼性の高い方法で実行されます。その結果得られたデジタル・ユニットは、ブロックチェーン・アプリケーションと現実世界のデータを結びつける特別なプログラムであるオラクルを通じて、現実世界の価値にペッグされます。


現在、資本調達のプロセスは、発行者にとって高いコストを伴います。STOのおかげで、多くのプロセスが自動化され、より安価になり、発行者は最も流動性の低い資産であっても小数化することができます。


米国証券取引委員会(SEC)の前委員長であるJay Clayton(ジェイ・クレイトン)は、デロイトの報告書で次のように述べています。


「私たちの取引所は電子化されました。すべての取引において、あなたがブローカーに電話して『これが欲しい』と言えば、その取引は電子的に実行されるアルゴリズムを経由して行われます。20年前はそうではありませんでした。かつては株券があり、今では株式を表すデジタル・エントリーがあるように、今後はすべてがそうなるかもしれません。株式がすべてトークン化されるということもあり得るでしょう。」


デジタル証券は流動性にどのような影響を与えるか?



ボーダーレスな流動性が約束されていることが、デジタル証券の最も価値のある特徴でしょう。


細分化により、デジタル証券は、不動産や美術品など、最も流動性の低い資産でさえ表すことができます。それらは、非公開の伝統的な証券では実現できなかった、グローバルなデジタル証券取引所やマーケットプレイスで取引されることができます。


世界中の投資家が、自分の資格に基づいてデジタル証券を売買し、取引することができます。


デジタル証券を提供するファンドは、取締役会、会計士、弁護士などが関与する面倒なプロセスを経ることなく、投資家を市場からエグジットさせることができます。例えば、デジタル化されたVCファンドであるSPiCE VCは、デジタル証券を投資家に発行しました。一般的なVCファンドでは、投資家は資金を10年間固定し、期限前に面倒な出口プロセスを踏むことを期待するかもしれません。しかし、SPiCE VCでは、投資家は規制が許せばすぐにグローバルな流通市場でデジタル証券を取引することができます(米国の規制では、資金のロックアップは1年となっています)。



アルゴランド:デジタル証券のホーム


トークン化プロセスにアルゴランドを使用している企業は、ブロックチェーンのLayer-1ソリューションの恩恵を受けています。このソリューションは、高速でユニークな機能を持つ、安全でフォークしないチェーンを表しています。


例えば、デジタル証券の発行者は、特定の管轄区域の規則に準拠するように資産をカスタマイズすることができます。アルゴランドは、RBAC(Role-Based Asset Control)を提供し、以下の機能を実現しています。


  • 調査目的で資産アカウントを検疫する。

  • 法規制やその他の規制で必要とされる場合、資産を強制的に譲渡する。

  • 特権的な資産取引のためのホワイトリスト・モデル:承認されたアドレスのみが特定の資産内で取引を行うことができます(他のアドレスは制限されます)。

  • オンチェーンの資産定義に組み込まれた実世界の資産文書。


アルゴランドは、デジタル証券業界の主要企業であるSecuritizeと提携しました。この提携により、Securitizeのプラットフォームに依存しないDSプロトコルがアルゴランド・ブロックチェーンでサポートされ、Securitizeを利用する発行者は、デジタル証券の発行、取引、コーポレート・アクションを行うための高性能なブロックチェーンの選択肢を得ることができました。Securitizeは、アルゴランドでのデジタル証券の作成と管理方法を説明したデモビデオを提供しています。


さらに、イスラエルに拠点を置くSimetriaは、アルゴランドと提携して、次世代デジタル証券取引所を構築しました。


Simetria創業者兼CEOのZiv Keinanは次のようにコメントしています。


「Simetriaのビジョンを実行するためにアルゴランドと協力できることを嬉しく思います。また、私たちの共同作業がデジタル証券の分野でどのように大きな可能性をもたらすのか楽しみです。民間企業は間もなく、デジタル証券をSimetriaのプラットフォームに上場して取引を行い、流動性を獲得して資本を調達することができるようになります。」

アルゴランドは、そのユニークな機能と高度なセキュリティにより、デジタル証券の新たなトレンドにおける主要なプレーヤーの一人となることができるでしょう。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/digital-securities-guide-for-enterprises