アセットのトークン化:金融機関とフィンテックのためのガイド



アセットのトークン化:金融機関とフィンテックのためのガイド


ブロックチェーンの最初の使用例はビットコインでしたが、この革新的な技術の到達点は、お金のシステムだけに煮詰まることなく、計り知れないものがあります。ブロックチェーンは様々なことができますが、そのゲームチェンジャーとしての可能性は、デジタルおよび物理的な資産を含むすべてのものをトークン化する能力と関係しています。


ブロックチェーンとその資産トークン化能力のインパクトは、現時点では十分に認識されていませんが、伝統的な金融の主要なプレーヤーが徐々にこの技術を採用しているため、数年後にはこれが当たり前のことになるでしょう。


このガイドでは、資産のトークン化と、それが金融の未来において果たす役割について学びます。また、アルゴランド・ブロックチェーン上で運用されているトークン化された資産のリストをご覧いただけます。



トークン化とは?


トークン化は、私たちの投資や資産取引の方法に革命をもたらしますが、そもそもトークン化とは何なのでしょうか?何を約束するものなのでしょうか?


トークン化とは、実際に取引可能な資産を表すブロックチェーン・トークンを発行することを指し、それが会社の株式、商品、美術品、不動産、お金、その他なんであれです(そう、「その他」とはすべてを指すこともあります)。


このように、ブロックチェーンは、多くの産業や、投資家と企業や証券会社との関わり方を変えていくことができます。ブロックチェーンは、その分散化機能により、投資家、企業、コミュニティが中央機関を介さずに相互に影響し合うボーダレスなネットワークの構築を可能にします。


トークン化は、次のようなメリットがあるため、金融市場の次の大きな流れになると考えられています。


  • 流動性 - 現実世界の資産をブロックチェーン・トークンに変換することで、発行者はより大きな流動性を確保することができます。例えば、私募証券は一般的に流動性が低く、流通市場での取引プロセスに影響を与えます。トークン化により、この問題が解決され、投資家はより希少な資産に対して様々な戦略を実行する自由を得ることができます。

  • 部分所有権 - トークン化の最も重要な特徴の一つは、資産の一部を所有できることです。例えば、投資家としては、最高の地域の不動産を所有することで、不動産市場へのエクスポージャーを得たいと思うかもしれません。しかし、不動産ポートフォリオを作ることはおろか、1つの物件を購入するのにも十分な資金を保有していないかもしれません。もし、すべての不動産が複数のトークンに変換されれば、その一部や複数の不動産の株式を所有することができ、その結果、潜在的な価格上昇の恩恵を受けることができます。トークンや複数のトークンを保有することで、自分がその不動産の一株の所有者であることを決定的に証明することができます。

  • より迅速で安価な取引 - 最新のブロックチェーンは迅速で安価な取引を可能にしますが、これはトークン化された資産にも関係します。例えば、アルゴランドは、MIT教授のSilvio Micaliが発明したPure Proof of Stakeと呼ばれるコンセンサス・メカニズムに依存しています。このアルゴリズムは、ネットワークの高いスループットと低い手数料を保証します。これにより、実世界の資産を扱うための主要なアプローチとして、トークン化の導入が加速する可能性があります。

  • 透明性 - ブロックチェーンは、不変性や透明性などのユニークな属性のおかげで、最も重要な技術の一つとなっています。ブロックチェーンの取引がいったん確定すると、それを取り消したり、キャンセルしたり、改ざんしたりすることは一切できません。またアルゴランドでは、5秒以内にトランザクションが最終確定することを保証しています。これにより、すべてのネットワーク参加者がほぼリアルタイムでデータを監視し、取引の信憑性を確認することができます。

  • 利便性 - 数十年前、投資家、ブローカー、マーケットメーカー間のコミュニケーションは主に電話で行われていました。オンライン口座もなければ、高度なチャートをポケットに入れておくこともできませんでした。今日では、誰もがオンライン・プラットフォームを利用して、株式を購入することで株式に触れることができますし、デリバティブを通じて価格に投機することもできます。インターネットは私たちの投資方法を一変させましたが、ブロックチェーンは投資プロセスをより便利でアクセスしやすいものにすることで、それ以上のことができるのです。



トークン化された資産が金融市場のインフラを変える



暗号通貨は目覚ましい進化を遂げていますが、その基盤となる技術は伝統的な市場にも浸透しつつあります。最も可能性が高いのは、トークン化された資産が、投資家が株式、コモディティ、不動産、アートなど様々な市場へのエクスポージャーを得るための不可欠な仕組みになることです。そのメリットは無視できないほど明白であり、多くの伝統的な金融機関がすでにトークン化サービスを展開しています。


例えば、スイスの主要証券取引所であるSIX Swiss Exchangeは、独自のブロックチェーン・プラットフォームを開発し、会社の株式などの伝統的な証券をトークン化しています。この新しいプラットフォームは、SIX Digital Exchange(SDX)が運営しています。


SIXのCEOであるJos Dijsselhofは次のようにコメントしています。


「これは、資本市場のインフラにとって、新しい時代の始まりです。私たちにとっては、デジタル空間で起こっていることの多くが今後も継続し、私たちの業界の将来を決定づけるものであることがはっきりしています。金融業界は今、伝統的な金融サービスとデジタル・コミュニティの間のギャップを埋める必要があります」。

資産のトークン化のおかげで、金融市場はより活発で、公正で、透明性の高いものになるでしょう。この新たなトレンドは、ベンチャー・キャピタルを含む伝統的な金融のあらゆる周縁部のあらゆる部分に到達する可能性があります。


昨年開催された世界経済フォーラム(WEF)のパネル・ディスカッションでは、参加者が「トークン資産は孤立したものから、トークン経済全体へと進化しており、トークン化はシステミックな金融リスクを引き起こすことなくインフラを強化することができる」と結論づけました。


これはまさに金融市場の新時代の幕開けと言えるかもしれませんが、特に株式や不動産のトークン化に関しては、広く普及するまでにいくつかの課題があります。


  • まだ明確な基準や規制が存在しない:暗号通貨は、理論的には規制当局の監視を受けずに存在することができますが、いわゆるセキュリティ・トークンは実世界の資産を表すものであるため、自動的に規制当局の管理下に置かれることになります。残念ながら、株式やその他の伝統的な資産を表すデジタル資産のトークン化と取引を可能にするために、どのような主要なルールを導入すべきかについて、一般的なコンセンサスは得られていません。ありがたいことに、欧州連合(EU)はブロックチェーンを非常に支持していますが、暗号資産のための新しい法律を作ろうとしているにもかかわらず、トークン化にはあまり力を入れていません。他にも、米国証券取引委員会(SEC)は2020年末に声明を出し、トークン化を奨励するが現在の規制の範囲内であると述べています。遅かれ早かれ、主要な規制当局は、トークン化された資産に対する需要の高まりに合わせて、規制の枠組みを調整する必要に迫られるでしょう。

  • 国際的に認知されたデジタル・アイデンティティが存在しない:もう一つの大きな課題は、異なる管轄区域の市民間でトークン化された資産を移転することの難しさに関係しています。例えば、米国の居住者が不動産を表すトークンを、EU加盟国の国民に譲渡するにはどうすればよいのでしょうか?この問題は、グローバルに展開するボーダレスなトークン化プラットフォームの構築を妨げる要因となっています。


このような規制上の課題を考慮すると、トークン化資産の普及は徐々に進むと考えられますが、規制当局はこの新しいトレンドに耐えることはできず、むしろ一定の方向に導くことになるでしょう。



トークン化された資産と従来の資産の比較


トークン化された資産は、従来の資産に比べてはるかに速く、柔軟で、安全で、便利であり、アルゴランドのインフラはこれらの属性を最上級に高めています。


伝統的な資産の中には、不動産や美術品、プライベート・エクイティなど、その性質上、流動性が低いものがあります。一方、トークン化された資産は、流動性を確保し、幅広い投資家へのアクセスを可能にします。


また、株式、債券、不動産、コモディティ、美術品などの伝統的な資産については、ブロックチェーン・ベースのデジタル表現により、プロセスの自動化、コストの削減、流動性の向上、投資・管理時のユーザー・エクスペリエンスの向上などが期待できます。つまり、従来の資産とトークン化された資産の間には大きな違いがあり、後者が明らかに勝者となるのです。



アルゴランドでは、商品や債券のトークン化に利用できるファンジブル・トークン、美術品や不動産、一部の貴金属に最適なノン・ファンジブル・トークン、株式に最適なセキュリティ・トークンの作成を容易にすることで、あらゆる種類の資産のトークン化を可能にしています。



トークン化された資産の例


アルゴランド・プラットフォームは、すでにトークン化のユースケースに導入されており、企業や組織のプロセスの効率化に貢献しています。


企業などは、Algorand Standard Assets(ASA)を通じて、あらゆる種類の資産を数分でトークン化することができます。ASAを介してトークン化することは、アルゴランドのLayer-1ブロックチェーンや、高いスループットと破られないセキュリティを備えたアンフォーカブル(フォークしない)ネットワークの恩恵を受けることを意味します。


ここでは、アルゴランドを使ってトークン化された実在の資産の例を紹介します。


  • プライベート・エクイティ - BridgeTower Capitalは、アルゴランドとのパートナーシップを発表し、アルゴランド上に構築されたトークンの形でデジタル証券を通じて、投資家が同社のポートフォリオへのエクスポージャーを得ることができるBridgeTower Capitalトークン化デジタル証券を発行することを発表しました。

  • コモディティ - オーストラリアのハイテク企業であるMeld Goldは、トークン化された金をASAの形で取引するプラットフォームを構築しました。Meldのユーザーは、物理的な金とデジタルの金の両方を購入することができます。アルゴランドのおかげで、Meldのプラットフォームは、効率性の向上、透明性、流動性、セキュリティ、価格の改善など、いくつかの重要なメリットを提供しています。Meld社はアルゴランドを使って銀のトークン化も行っています。

  • 不動産 - グローバルなホーム・エクイティ・マーケットプレイスであるVesta Equityは、アルゴランドのLayer-1を使用して、住宅用不動産の資金調達と投資を促進するソリューションを構築すると発表しました。Vestaのブロックチェーン・ベースのプラットフォームは、不動産投資家と住宅所有者を結びつけ、シームレスな取引に必要なツールを提供します。このソリューションにより、住宅所有者は居住権を完全に維持しながら、借金をせずに済むようになります。

  • 株式 - Microequity Stock Exchange (MESE)は、International Blockchain Monetary Reserve (IBMR)による製品です。アルゴランドを使って、マイクロエクイティと呼ばれる端数の株式を発行してハイテク株をトークン化しています。各トークンは、株式の1万分の1を表します。現在、MESEはApple、Amazon、Google、Twitter、Tesla、Microsoft、Netflixをサポートしています。


また、アルゴランドは、年初から話題になっているノン・ファンジブル・トークン(NFT)を通じて、美術品や記念品のトークン化にも利用できます。アルゴランドのNFT技術は、イタリア最大の著作権収集機関であるSIAE(Società Italiana degli Autori ed Editori)で採用され、成功を収めています。SIAEは、95,000人以上の会員の著作者の権利を表す400万枚のNFTを発行しました。SIAE は、これらの著作権を可能な限り低コストでトークン化するのに、わずか数時間しかかかりませんでした。もし同庁がNFTをサポートする他の主要なブロックチェーンを利用していたら、数日はかかっていたでしょう。


アルゴランドのLayer-1は、高速、安全、透明で、金融資産のトークン化に最適なインフラとなっています。今日現在、アルゴランドは1日に100万件以上の取引を処理し、ネットワークは450万件以上の資産をサポートしています。


そのユニークな機能により、アルゴランドはトークン化のトレンドをリードすることができるでしょう。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/asset-tokenization-guide-for-financial-institutions