アルゴランド財団、Tribeと提携し、APACにおける開発者の活性化を促進



アルゴランド財団、Tribeと提携し、APACにおける開発者の活性化を促進


アルゴランド財団とTribeはパートナーシップを結び、アジアにおけるWeb3開発者エコシステムを成長・発展させます


シンガポール、2022年4月27日 - シンガポール初の政府支援によるブロックチェーン・エコシステム構築企業であるTribeとアルゴランド財団は本日、アジアにおけるWeb3開発者の成長と支援のための一連のイニシアティブを両組織で組織する戦略的パートナーシップを発表しました。このパートナーシップは、より多くのWeb3開発者を集め、スキルを向上させ、必要に応じてサポートやリソースを提供し、開発者のエコシステム全体で教育や人材管理を推進することを目的としています。


アルゴランド財団は、10億Algoエコシステム・ファンドを活用して、世界中のWeb3.0開発者の活性化を支援する予定です。この戦略の一環として、Tribeとの一連の取り組みを企画・運営し、2022年に向けて実施する予定となっています。


  • Learn and Earn - 開発者はAlgorandプラットフォーム上でWeb3ソリューションを開発・構築する機会があり、その分散型技術の使い方を学びながら、現金報酬を得ることができます。

  • ハッカソン - 2022年を通して、Web3開発者がAlgorandプラットフォーム上で問題解決やソリューション開発に挑戦するハッカソンが多数企画・開催される予定です。

  • リソースとサポート - Tribeとアルゴランド財団は、Web3開発者が経験を共有し、直面するあらゆるフィードバックや課題に対応するための、幅広い資料、厳選されたカリキュラム、その他のリソースを含むリソースハブを作成する予定です。


「開発者は、Layer1 DeFi 戦略を成功させるためのバックボーンです。アルゴランド財団は、開発者中心のエコシステムを確実に作りたいと考えています。Tribeとのパートナーシップは、開発者が私たちと一緒にこの旅をすることで、この目標をサポートできると信じています」とアルゴランド財団Dev Outreach Programsのヘッド、Johanna Moranは述べています。


TribeのCEO兼共同設立者であるYi Ming Ngは、「アルゴランド財団と協力して、開発者の認識と彼らの技術の採用を促進できることを嬉しく思います。このパートナーシップは、アジアにおけるWeb3開発者エコシステムの成長という我々の目標を促進する上で大きな役割を果たすことでしょう。今後1年間で、約15,000人の開発者を巻き込み、Web3へのアクセスを拡大し、この分野での大量採用やイノベーションを促進するソリューションをさらに生み出していきたいと考えています」と述べています。


Tribeは設立以来、技術革新、人材、教育における既存のギャップを埋めることで、アジアにおけるブロックチェーン・エコシステムの拡大に取り組んできました。新興企業や技術系の人材に有力な機会を提供することに重点を置き、Tribeは、より多くのWeb2およびWeb3開発者が最新技術を学び、革新的なソリューションを構築できるよう、Learn-and-Earnプラットフォームなどのさまざまな取り組みを推進しています。


Tribeとアルゴランド財団の両社は、開発者の才能と新生Web3のニーズのギャップを埋めることに尽力しており、このパートナーシップは刺激的な新しい機会と相乗効果をもたらすことでしょう。Tribeのネットワークや、世界最大のグローバル開発者エコシステムの1つであるAngelhackなどの様々なコミュニティで活動している開発者は、Algorandエコシステムからのサポート、専門知識、リソースにアクセスすることができるようになりました。最終的に、このコラボレーションは、地域のWeb2開発者のより広範なプールを巻き込み、Web3への飛躍をサポートし、この分野におけるDeFiイノベーションを促進することになります。


アルゴランド財団は、オープン、パブリック、パーミッションレスのブロックチェーンを構築し、公平でボーダレスな経済の可能性を活用する機会をすべての人に提供する包括的なエコシステムを形成するために活動しています。Algorandエコシステムのための安全で高品質なソリューションを研究または構築するチームや組織を支援するエコシステム基金をもとに、教育、支援、指導を通じてこの目的をサポートする組織を定期的にバックアップしています。


プログラムは2022年6月に開始されます。すべてのイベントは、開発者コミュニティの分散化とグローバルな性質のために仮想的に行われ、APACおよび世界中の開発者に開放されます。


興味のある開発者は、Learn-and-Earnプラットフォームにアクセスし、コード「ALGOPILOT」で早期アクセスし、Web2およびWeb3の最新の開発者技術を学び始めることができます。 これにより、AlgorandとTribeが今後数ヶ月で推進するイニシアティブに取り組むための準備が整うことになります。



Tribeについて


Tribeは、シンガポール政府が支援するシンガポール初のブロックチェーン・エコシステム構築企業で、スタートアップ企業や技術系の才能ある企業を有力なビジネスチャンスにつなげることを目的としています。ブロックチェーン・プロトコル、企業、政府、スタートアップ、開発者コミュニティなどの組織と密接に連携することで、才能ある人材や企業のWeb2からWeb3への飛躍を後押しするよう努めています。Tribeの公式パートナーには、Enterprise Singapore、Pfizer、HSBC、Infineon Technologies、IMDA、BMWグループ・アジア、コンセンシス、IBM、インテル、ニールセン、PwC、R3、テマセクなど数多くの企業が名を連ねています。詳細については、https://tribex.co/ をご覧ください。



アルゴランド財団について


MIT教授でチューリング賞を受賞した暗号家、シルビオ・ミカリが設計したAlgorandブロックチェーンは、国境なき世界経済の約束を実現するユニークな機能を備えています。ブロックチェーンは、従来の金融のスピードに匹敵する取引量を達成しながら、即時決済、ほぼゼロの取引コスト、そして24時間365日体制で取引することが可能です。そのカーボン・ニュートラルなプラットフォームと独自のPure Proof of Stakeコンセンサス・メカニズムは、分散型プロトコル上でセキュリティとスケーラビリティの両方を実現し、2019年の稼働以来1秒のダウンタイムもなく、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決しています。


アルゴランド財団は、Algorandブロックチェーンの健全な通貨供給経済、分散型ガバナンス、健全で豊かなオープンソース・エコシステムに責任を持ち、世界的な約束を果たすための支援に取り組んでいます。詳細については、以下をご覧ください。

https://algorand.foundation



元記事:https://algorand.foundation/news/tribe-partnership