アルゴランドは、USOCC(米国通貨監督庁)の最近の画期的な発表を歓迎します



アルゴランドは、USOCC(米国通貨監督庁)の最近の画期的な発表を歓迎します

by W. ショーン・フォード(W. Sean Ford)、COO、アルゴランド


今週、米国最大の銀行規制機関である通貨監督庁(OCC、@USOCC)は、将来を見据えた解釈指針を発表し、米国の銀行がアルゴランドのようなノード技術に参加し、技術に関連するステーブルコインを使用して、安全で、迅速で、最終的な将来の必要な決済インフラを構築することができると明確に述べました。


これは、現在の時代遅れのレガシーシステムは、より効率的で、現代的で、信頼でき、容易に利用できるネットワークへと進化すべきであると認識することで、グローバルな決済の進歩への扉を開く重要な一歩です。これは、レガシーインフラがどのように進化し、最終的には経済価値の信頼された交換を促進するために設計されたブロックチェーン技術によって経済を動かすようになるかを示す重要な初期の指標であると私たちは考えています。特に、銀行がブロックチェーン対応のエコシステムに参加することで、ユーザーはより迅速に、より大規模に、より低い手数料で、より高い説明責任と透明性で支払いを決済できるようになります。銀行は金融取引を合理化し、消費者や企業に、世界中の経済を前進させ、すべての人々が金融サービスを利用できる世界を構築するために必要な即時の取引の確実性とコンプライアンスを提供することができるようになります。


これらの取引の多くは、プログラム可能なデジタルマネーの一形態であるスレーブルコインによって可能になります。一例として、アルゴランドは、サークル(Circle)社のUSDCによってステーブルコインが実装された最初のブロックチェーンの1つです。サークルのプラットフォームは、1000万人近い小売顧客と1000社以上の企業による、数百億ドルの価値がある1億件以上の取引をサポートしてきました。また、サークルは50億ドル以上のデジタル通貨資産を保管・確保しています。USDCに加えて、アルゴランドには、ユーロ、英ポンド、アイスランド・クローナのライセンス電子マネー(すべてMonerium社製)、Stablecorp社のQCAD(初の完全準拠カナダドル・ステーブルコイン)、Tether社のUSDT(最も広く取引されているステーブルコイン)、Meld Gold(金で裏打ちされたステーブルコイン)など、幅広くサポートされているステーブルコインがあります。


アルゴランドは、現代の金融システムに必要とされるグローバルなスケール、スピード、セキュリティ、ファイナリティ、高度なツール(スマートコントラクトなど)を含むLayer-1のコアプリミティブで、この機会のために特別に設計されました。これらの機能により、開発者は、真に安全でスケーラブルな方法で数十億人のユーザーをサポートできる高度な決済アプリケーションをプログラムすることができます。当社のCEOであるスティーブ・コキノス(Steve Kokinos)は最近、OMFIFの投稿「How systems that foster trust will usher in a new payments era(信頼を育むシステムが新しい決済の時代を切り開く)」の中で次のように述べています。「決済や洗練された取引を扱う新しい方法は、真のピア・ツー・ピア取引と金融包摂への道を開きます。それは、金融取引の摩擦を取り除き、どの当事者間でも、より効率的でアクセスしやすい取引方法を提供します。」これがアルゴランドが提供するものです。



>「決済の未来」レポートのダウンロードはこちらから

​>

Copyrights (c)  Algorand Japan

★アルゴランド公式サイト(英語)はこちら >Algorand Inc.    >Algorand Foundation