2020 財団助成金受賞者のご紹介




ALGO助成金プログラム


アルゴランドは、コミュニティとともに、ボーダレス経済のための信頼されたパブリックかつパーミッションレスなインフラストラクチャを構築しています。私たちのミッションをサポートするために、2.5億ALGO助成金プログラムを開始しました。この複数年にわたる助成金プログラムでは、アプリケーション開発、ツール&インフラ、研究、教育&コミュニティにまたがる様々な資金調達レベルの機会を提供しています。これまでの2020年Algo助成金プログラムの受賞者リストには、以下のようなものがあります。



Propsプロジェクト − アプリケーション助成金:複数のソーシャルメディア・アプリケーションのためのユーザーリワード・プラットフォームで、サイドチェーンからアルゴランド上へユーザーとリワード・トランザクションを移行します。


Bloq - インフラ助成金:マルチ・ブロックチェーンのインフラストラクチャ・プロバイダで、他の主要なネットワークと一緒にアルゴランドのノードとAPIを提供しています。


PureStake AlgoSigner - インフラ助成金:オープンソースのブラウザ・プラグインで、開発者がアプリケーションにアルゴランドのトランザクション機能を追加しながら、ユーザーが鍵を管理できるようにします。


Reach - 研究助成金:アルゴランド・ブロックチェーン上でのdApps構築の複雑さを取り除き、将来的にDAO、分散型取引所、その他多くのDeFiアプリケーションをアルゴランド上で作成できるようにするために設計された開発プラットフォーム。


サークルUSDC - アプリケーション助成金:アルゴランド上でのUSDCの統合と、サークルのビジネスアカウントとサークル・プラットフォームサービスのAPI(決済、ウォレット、マーケットプレイス)でのAlgo-USDCの統合。


Aikon - インフラ助成金:アルゴランドを同社のコア・サービスであるORE IDに統合し、企業顧客が既存のユーザーをアルゴランド・ブロックチェーンに簡単に移行できるようにします。オープンソースのブロックチェーン・ヘルパー・ライブラリであるChainJS用のアルゴランド・プラグインで、開発者が既存のDappsをアルゴランドに簡単に移行できるようにします。


Runtime Verification Inc - インフラ助成金:Kフレームワークを使用したアルゴランドの高度なスマートコントラクトのための正式なセマンティックフ・レームワークを開発します。


Chainalysis(チェイナリシス) - インフラストラクチャ助成金:トランザクションの監視とコンプライアンス・プロセスのためのChainalysis KYT(Know Your Transaction)と、アルゴランドのネイティブトークンALGOの強化されたデューデリジェンスと調査のためのChainalysis Reactor。


AssetBlock - アプリケーション助成金:トークン化されたアセット・オファリングと金融商品の開発。アルゴランドのエコシステムと、より広くボーダレス経済のために開発されたAssetBlockは、すでにコンプライアンスと構造に多額の投資を行っています。


LongHash Ventures - コミュニティ助成金:アルゴランド・アジア・アクセラレータ・プログラムを、財団とボーダレス・キャピタルと共同で運営しています。


Attestiv - アプリケーション助成金:アルゴランドをAttestivプラットフォームのDLT層に統合。


Bountyblok - アプリケーション助成金:アプリケーションへのゲーム・メカニクスの実装。アプリケーションが新規顧客を獲得し、bountyblokのインセンティブと報酬システムを介して彼らをエンゲージさせることが容易になります。


Prysm - 研究助成金:将来のアルゴランドの経済設計とエコシステム開発のためのリソースの最適配分を助けるために、アルゴランドの経済をマッピングし、モデルを活用します。


House of Crypto - アプリケーション助成金:タワーをベースとするの多人数参加型モバイルゲームです。プレイヤーは、特定のハウス(各ブロックチェーン・プロジェクト)のためにプレイし、アバター、魔法を介して特定のハウスについて学び、アプリ内のさまざまなものを得ることができます(動画視聴、ノード運営など)。




アルゴランド開発賞プログラム


アルゴランド開発賞プログラムは、アルゴランドのエコシステムを成長させるためのイノベーションを支援するために設計されています。アルゴランド財団は、アルゴランド・ブロックチェーン・エコシステム内に存在するイノベーションの機会を探求するコミュニティを支援することを約束します。アルゴランド財団は、アプリケーション、ユーティリティ、モニタリング、ツール、デプロイメント、ライブラリなどの開発分野に興味を持っていますが、重要なことは、アルゴランド・ブロックチェーンに関するその他のイノベーションの分野にもオープンであるということです。これまでの2020年開発賞受賞者のリストは以下の通りです。


Riley Ge - インフラ助成金:ランド・ネットワークと対話するためのAlgorand SDK for .Netフレームワーク。


ProofBox - アプリケーション助成金:すべての複雑さを排し、数秒以内にアルゴランド・ブロックチェーン内のブロックチェーン・トランザクションを作成するためにAlgorand SDKを利用して、ドラッグ&ドロップでブロックチェーン上の任意のドキュメントを固定するためのインターフェイス。


PureStake GoalSeeker - インフラ助成金:重要なネットワーク統計情報の表示、最近作成されたブロックの閲覧、以前のブロック内のトランザクションやアカウントの検索、アルゴランド標準資産(ASA)に関連するアクティビティのレビューがこれまで以上に簡単にできるアルゴランド・ブロック・エクスプローラー。


FlexFnTx - インフラ助成金:「FlexID 」は、自己主権型の分散型アイデンティティ・プラットフォームです。


Jambb - インフラ助成金:「AssetSmith」は、アルゴランド・ブロックチェーンのスピードと効率性を示す開発ツールです。ブロックチェーン・エコシステムの内外から好奇心旺盛な開発者が、ブロックチェーンの経験ゼロでアルゴランド標準資産(ASA)を作成して送信することを可能にします。


Rand Labs - インフラ助成金:「My Algo Wallet」は、非カストディアンで安全な仕組みを持つアルゴランドのウェブ・ウォレットです。


Eastern Blu - アプリケーション助成金:音楽著作権&ライセンシング・レジストリ、音楽エンターテイメント業界を根本的に透明でより公平なエコシステムに変えるブロックチェーン・プラットフォーム。業界全体の利害関係者を結びつけ、バリューチェーン全体の新しい価値と利益をアンロックします。


Alessandro Viganò - インフラ助成金:Dart SDKは、Mantaプロトコルを統合したDARTで書かれたオープンソースのフラッター・ウォレットです (appia.co)


Shiva Prasad AlgoDesk.io - インフラ助成金:アルゴランド・ネットワーク上に分散型アプリやスマートコントラクトを構築するためのオープンソースで開発者に優しいWebベースのツール。TEALスマートコントラクトのための資産管理ポータルとWeb IDE。