https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

Web2 vs Web3:その違いとは?



Web2 vs Web3:その違いとは?


Web2は、私たちが今日知っているインターネットであり、Web3は、私たちが現在構築している、より新しく改良されたバージョンです。Web2は過去20年間に爆発的な成長を遂げましたが、その進化には罠がありました。その罠とは、私たちの個人データを収集し、そこからお金を稼ぐ中央集権組織によってインターネットが管理されるというものです。一方、Web3は、権力が分散され、ユーザーが自分のデジタル・ライフを管理できる世界へとシフトしようとしています。このビジョンは、透明性、セキュリティ、そして新しいレベルのユーザー・コントロールを提供できるブロックチェーンを中心に据えています。この記事では、インターネットの歴史から始まり、インターネットの2つの最新の反復の比較、そしてWeb3が私たちのオンライン交流の方法をどのように改善できるかを見て、Web2とWeb3の基本的な違いを探ります。



ウェブの歴史と進化

Web 1.0

インターネット黎明期には、非中央集権的で静的な一方通行のコミュニケーション・プラットフォームであるウェブ1.0がありました。これは基本的なHTMLウェブサイトの時代で、ユーザーは能動的に参加することなく情報を消費する観客でした。それはまるで図書館の中を歩いているようなもので、本を閲覧することはできても、自分の足跡を残したり、リアルタイムで他の人と関わることはできませんでした。

Web 2.0

Web 2.0は、ダイナミックでインタラクティブなウェブサイトを特徴とし、オンライン上でのつながりやコラボレーションの方法に革命をもたらしました。ウェブ2.0は、ソーシャルメディア・プラットフォーム、オンライン・マーケットプレイス、モバイル、ストリーミング・サービスなど、さまざまな技術的機能の集大成によって発展しました。ユーザーはコンテンツを作成し、共有し、交流する力を得ました。一方で、一握りの強力な企業が台頭し、その台頭とともに、データのプライバシー、検閲、権力の集中に対する懸念が生じました。ユーザーは、自分たちのデジタル・ライフが少数の手に握られていることに気づき始め、より透明性の高い、ユーザー中心のアプローチの必要性が明らかになりました。


Web 3.0

非中央集権的でユーザー中心のインターネットを具現化したWeb 3.0が登場しました。ブロックチェーン技術に基づいて構築されたWeb 3.0は、Web 2.0の中央集権的な権力構造を解体し、新しいレベルのコントロールと所有権を個人に提供することを目的としています。参加者全員が発言権を持ち、集団的な意思決定プロセスに貢献できる、活気に満ちた自治コミュニティに入るようなものです。さらに、Web3はアイデンティティと所有権を重要な柱とし、参加者が自分の創作物を所有し、デジタルと現実世界の資産を売買し、どの情報を誰に開示するかを選択する力を持つウェブ体験を提供します。


Web2 vs Web3:その違いは?

Web2

Web3

​中央集権的な大企業による管理

コミュニティによる管理と統治

データの管理は限定的

自分のデータの所有と管理

取引や交流における第三者への依存

仲介者を介さないピア・ツー・ピアの直接交流

データの取り扱いと意思決定における透明性の欠如

透明性、オープンソース、民主主義

少数の大手企業によるイノベーション

広範なイノベーションを促進するオープンなエコシステム

大企業に託された信頼

暗号とコンセンサス・メカニズムを通じて技術に組み込まれた信頼

大企業が提供する所有権の検証

所有権は自己管理化され、ユーザーによって検証される

中央集権的な決済システムと仲介者

仲介者と手数料を削減したネイティブなデジタル通貨決済

検閲やコンテンツ規制の影響を受けやすい

分散化により検閲の影響を受けにくい

限定的なプライバシー管理と潜在的なデータ搾取

暗号技術によるプライバシー管理の強化

ユーザーベース増大とともに限定的なスケーラビリティ

ブロックチェーン技術によるスケーラビリティの可能性


Web3の背後にある主なアイデアは?

分散化

Web3は、中央の権威によってコントロールされるのではなく、参加者に権力が分散される分散化のコンセプトに基づいて構築されています。ピア・ツー・ピアのネットワークを基盤としており、仲介者や中央集権的なサーバーを必要とせず、個人同士が直接やりとりすることができます。


検証可能性

Web3はブロックチェーンを活用し、透明性と検証可能性を提供します。取引ややり取りは公開台帳に記録され、誰でもデータの真正性と完全性を独自に検証することができます。


トラストレス

信頼は中央集権組織や仲介者のみに置かれるものではありません。その代わりに、暗号アルゴリズムとコンセンサス・メカニズムを通じて、テクノロジー自体に信頼が組み込まれます。


セルフ・ガバナンス

コミュニティは共同で意思決定を行い、自分たちが使うプラットフォームやプロトコルを統治します。トークン・ベースの投票やコンセンサス・ベースの意思決定などの分散型ガバナンス・メカニズムを通じて、ユーザーはシステムの方向性やルールについて発言権を持ちます。


パーミッションレス

Web3はオープンでパーミッションレス、つまり許可を求めたり特定の基準を満たすことなく誰でも参加できます。参入障壁をなくし、個人が自由にエコシステムに関わることを可能にします。


所有権

Web2 では、私たちはお金を預けるために銀行を、お金を取引するために Visa、SWIFT、Paypal などを、そして私たちの身元を確認するために Google、Facebook などを頼りにしてきました。Web3では、私たちのウォレット(とその中の資産)は、私たちの分散化されたアイデンティティを検証したり、検証や商取引のロックを解除するための「鍵」として使用することができます。


ネイティブ決済


ビットコインやアルゴランドのような暗号通貨は、Web3において重要な役割を果たし、直接的でシームレスな取引を可能にします。これにより、従来の金融仲介機関をバイパスした決済が可能になり、取引手数料を削減することもできます。


Web3の主な特徴は?

テクノロジー:Web3はアルゴランドのようなブロックチェーン上で動作し、その分散性と透明性を活用して、トラストレスなやり取りとスマートコントラクトの実行を可能にします。

所有権と主権:Web3は、ユーザーにデータの所有権と管理権を与えることでパワーバランスをシフトさせ、個人が自分の情報の使用方法を決定できるようにします。


検閲への耐性:WEb3の分散型の性質は検閲への耐性をもたらします。つまり、ソーシャルメディア・ネットワークのようなWeb3上に構築されたプラットフォームは、中央集権的なプラットフォームのようにユーザーを恣意的に禁止したり検閲したりすることはできません。


プライバシーとセキュリティの強化:プライバシーとセキュリティ対策の強化により、Web3はサービスやアプリケーションにアクセスするために第三者と個人データを共有する必要性を減らすことができます。ユーザーは個人情報をより管理しやすくなり、より高いレベルのプライバシーを保つことができます。

トークンエコノミー:Web3は、デジタル資産が実際の価値を持ち、エコシステム内での決済や取引に使用できるトークンエコノミーを導入しているため、ビットコインやアルゴランドのような暗号通貨でピア・ツー・ピアの決済が可能です。


ガバナンス:Web3はコミュニティ主導のDAOガバナンスを推進しており、意思決定は投票とコンセンサス・メカニズムを通じて参加者によって集団的に行われます。これにより、プラットフォームの方向性とルールはコミュニティによって決定されます。


アイデンティティ:Web3は、様々な分散型アプリケーション(DApps)間で使用可能なポータブルIDをユーザーが持つことを可能にするデジタルIDソリューションを導入しており、ユーザーはWeb3のエコシステム内でIDクレデンシャルを転送、管理することができます。


ネイティブのビルトイン決済:Web3プラットフォームはネイティブな決済機能を備えており、銀行や決済処理業者のような従来の仲介業者を必要としません。ユーザーは、エコシステム内でデジタル通貨を使った直接かつ安全な支払いを行うことができます。


Web3の実世界での例は?

Web3は、様々な実世界のアプリケーションや業界で利用されています。以下はその例です:


1. 分散型金融(DeFi):DeFiプラットフォームは、Web3の技術を活用し、銀行のような第三者機関を介さずに金融サービスを提供すします。アルゴランド上の例としては、Folks FinanceやTinymanのような貸し借りプロトコルがあります。


2. 非代替性トークン(NFT):NFTはブロックチェーン上に保存されたユニークなデジタル資産で、アート、ゲーム、旅行業界で人気を博しています。Rand GalleryやEXA Marketのようなプラットフォームでは、ユーザーはデジタル・アート作品を表すNFTを売買・取引できます。TravelXは航空券をトークン化し、チケットの売買を簡素化しています。


3. 分散型アイデンティティ:Web3は、個人が自分の個人情報を管理できる、自己主権的なデジタルIDソリューションを可能にします。NFDomainsのようなプロジェクトは、ユーザーが様々なサービスやアプリケーションで自分のIDを管理・検証できるようにする分散型IDプラットフォームを構築しています。


4. サプライチェーン管理:Web3は、透明性とトレーサビリティを向上させるために、サプライチェーン管理に活用されているます。Wholechainは、アルゴランドのブロックチェーン技術を利用して、不正行為や偽造を減らし、倫理的な調達を保証するために、サプライチェーン全体で製品を追跡し、認証しています。


5. ゲームと仮想世界:Web3テクノロジーは、ゲーム内資産の真の所有権とプレイヤー主導型経済の創造を可能にすることで、ゲーム業界を変革しています。その例として、ゲーマーが「Play to Earn」エコシステムに参加できる Zone Gaming や、「Play to Earn」対戦型カードゲームの Aegir Tactics などがあります。


6. ソーシャルメディア、出会い系、コンテンツ・プラットフォーム:Web3は、中央集権的なソーシャルメディア・プラットフォームに代わるものを提供しています。Thinkinのようなプロジェクトは、クリエイターがWeb3のオーディエンスを増やす手助けをし、TruYouは、分散化されたアイデンティティとゲーミフィケーションを通じてオンラインデートの体験を向上させます。Web3は、ユーザーが自分のデータ、インタラクション、コンテンツ・モデレーションをよりコントロールできるようにします。


Web2 vs Web3:よくある質問

Web2とWeb3の最大の違いは何ですか?


Web2とWeb3の最大の違いは、中央集権型インターネットから分散型インターネットへの移行です。Web2は仲介者と中央集権的なプラットフォームに依存していますが、Web3は仲介者を必要とせずにピア・ツー・ピアのやりとりを可能にし、ユーザーにより多くのコントロールとオーナーシップを提供します。


Web3はWeb2に取って代わるのか?


Web3はWeb2を完全に置き換えるものではありません。むしろ、インターネットの次の進化を表しています。Web3は、私たちが現在知っているインターネットに新しいテクノロジーとアプローチを導入します。Web3は、ブロックチェーン上で動作する分散型アプリケーション(dApps)を通じて、中央集権型プラットフォームの支配に挑戦します。


なぜWeb3はWeb2より優れているのか?


Web3はWeb2と比較していくつかの利点があります。データの所有権と管理権を個人に提供し、中央集権的な機関への依存を排除し、データの悪用リスクを低減します。さらに、Web3は分散型台帳技術を活用し、個人情報を収益化することなく誰もが参加できるようにすることで、インターネットの透明性、信頼性、民主化を促進します。


Web2 vs Web3 を一言でいうと?


Web2は現在のインターネットとも呼ばれ、個人情報と引き換えにサービスを提供する企業によって支配されています。これに対してWeb3は、ブロックチェーン上で動作する分散型アプリケーション(DApps)を指し、ユーザーはプライバシーやデータの所有権を損なうことなく参加することができます。これは、すべてを中央機関に依存することから、より直接的で安全なピア・ツー・ピアのオンライン交流に移行するようなものです。


Web3とメタバースは同じものですか?


いいえ、Web3とメタバースは同じものではありません。Web3は、ブロックチェーン技術と分散型アプリケーションに基づく次世代のインターネットを指します。メタバースは、私たちがWeb3をどのように体験し、消費するかに影響を与えるかもしれませんが、メタバースは、ユーザーがコンピュータで生成された世界やお互いにリアルタイムで相互作用することを可能にする仮想現実空間を指します。


元記事:https://www.algorand.foundation/news/web2-vs-web3


Komentáře


bottom of page