シルビオ・ミカリ、CONSOBのG20イベントに参加した際のコメントを発表

更新日:11月6日



シルビオ・ミカリ、CONSOBのG20イベントに参加した際のコメントを発表


2021年10月25日、シルビオ・ミカリは、Commissione Nazionale per le Societa e la Borsaのイベントに招待され、金融システムのイノベーションを規制してレジリエンスを高めることについて講演しました。イタリアで開催されたG20サミットに合わせて行われたこのイベントでは、規制、金融、イノベーション、持続可能性の連携に焦点が当てられました。以下は、シルビオが出席者に向けて述べた内容を書き起こしたものです。


セッション II デジタル・イノベーション:成長、インクルージョン、ディスラプション


司会:パオロ・チョッカ(Paolo Ciocca、CONSOBコミッショナー)



チョッカ: ユートピアからリアリティを得るために、私たち(企業、規制当局、研究者)はできるだけ短期的にはどのような具体的なステップを踏めばよいのでしょうか。


ミカリ:チョッカ委員、この基本的な質問をありがとうございます。私の答えは意外なものになるかもしれません。


私は、私たちはユートピアをはるかに超えたところにいると確信しています。現実はすでにここにあります。未来は今あるのです。


しかし、メディアは(最も専門的なメディアを除いて)古い物語にとらわれています。ですから、私たちがすぐにできること、すべきことは、古い認識を正すことなのです。


多くのメディアでは、どのような誤解が多いのでしょうか?

  1. すべてのブロックチェーンは同じである

  2. すべてのブロックチェーンは環境に悪い

  3. ブロックチェーンは解決する問題を探しているものである


これらの記述に共通するのは、すべてFALSE(間違い)であるということです。


では、TRUTH(本当のこと)とは何でしょうか?


第一のTRUTH:ブロックチェーンには様々な種類が存在する。


第一世代のブロックチェーンは、セキュリティ、スケーラビリティ、分散性を同時に実現することはできませんでした。この3つの特性はそれぞれ重要なので、これは残念なことでした。


しかし、第2世代のブロックチェーンは、セキュリティ、スケーラビリティ、分散性を同時に実現しています。世の中の役に立つためには、そうでなければなりません。


第二のTRUTH:GREEN(環境に優しい)ブロックチェーンは存在する。


確かに、現在も稼働している第一世代のブロックチェーンは、小さな国と同じくらいの電力を消費します。しかし、第2世代のブロックチェーンは、合計で家庭10軒分のエネルギーの消費です。やたらと明るい家10軒分かもしれないですが、たった10軒分です。


このことを理解することは重要です。ブロックチェーンの進歩には必ず環境への犠牲が伴うという考えは、知識のない人のディストピアに過ぎません。


第三のTRUTH:第二世代のブロックチェーンは、現実の問題に対する強力なソリューションを提供する。


確かに、第一世代のブロックチェーンは、静的なデータの不変的なアーカイブを提供するだけでした。つまり、せいぜい「デジタル・ゴールド」を提供するに過ぎません。最悪の場合、少額の投資で高いリターンが得られるという偽りの約束、つまり投機に過ぎなません。


対照的に、第2世代のブロックチェーンは、不変的で透明なデータベース以上のものを提供しており、あらゆる種類の取引を保護します。 例えば、2つの当事者が直接、資産を交換することができます。コストのかかる仲介者に頼る必要はありません。独立した1回の取引で、わずか数秒で。完全なセキュリティを備えています。しかも、コストはわずか数セントです。


このようなセキュリティ、時間とコストの効率化は、中小企業や経済発展が必要な場所では非常に重要です。なぜなら、従来の仲介者はコストがかかりすぎ、普通の人々向けに通常の取引を支援する時間的・経済的インセンティブがないからです。


もっと全体的に見ると、第二世代のブロックチェーンは、本当の意味での進歩の道具であるというのが真実です。


金融業界では初めて、二者間のやり取りが真に同時かつ安全に、そして仲介者なしで行えるようになりました。取引に付加価値を与える仲介者は常に歓迎されますが、仲介者の唯一の機能が取引そのものを可能にすることであるならば、歓迎されるのはその仲介者に代わる安全で効率的な技術です。


確かに、幸運なことに、すでに電子的で非常に高速な決済システムが導入されている国もあります。しかし、そのような決済はまだ一方的なものです。デジタル商品やサービスを購入する場合でも、支払ったものが確実に手に入ることを保証するためには、高価で遅いアーキテクチャに頼らなければなりません。決済と配送の関係は、依然として大きな問題です。また、支払いが超高速の場合。第二世代のブロックチェーンだけが、この悩ましい100年来の問題をついに解決しました。しかし、それだけではありません。


第二世代のブロックチェーンは、空気や水の質を多数の独立したアクターが監視できる、持続可能で不正のないプラットフォームを提供しています。


金融包摂を実現するための効率的で分散化されたプラットフォームを提供しています。


行政が、本日の主催者であるIL Consiglio di Statoの目標である「透明な家」(quella casa di vetro)になるための技術を提供しています。


これらのことは、神話的な未来ではなく、今でも可能です。コスト、パフォーマンス、サステナビリティは、もはや大量導入の障害ではありません。 私たちは、時代遅れのシナリオを修正しなければなりません。そして、企業、規制当局、研究者、すべての人が、現在の現実に沿った新しい情報を探し、それを受け入れる必要があります。


チョッカ:次に、詐欺師とサメの話をしましょう。ここでもフリーランチがないことはわかっています。イノベーションの機会には課題とリスクがつきものです。あなたの経験では、包括的な金融イノベーションを世界規模で迅速に展開する上で、現在および将来の主な障害は何でしょうか。これらの障害に対処するために、規制、国際協力、ビジネス協力はどのように支援できるでしょうか?


ミカリ:チョッカ委員のこのご質問にも感謝します。規制当局がブロックチェーンの問題に介入し、それを正しく実行することは実に急務です。そもそも、これは簡単なことではないことを認識しなければなりません。ブロックチェーンを正しく規制するためには、2つの大きな問題に取り組む必要があります。


第一の問題:世の中のブロックチェーンには悪いものもあります。彼らは金融包摂を約束していますが、その約束を果たすことができず、さらに悪いことには、それを信頼していた人々に損害を与えています。これは問題です。なぜなら、悪いブロックチェーンは罰することができないからです。個々の犯罪者のウォレットはフォレンジック調査によって追跡することができますが、プラットフォームである悪質なブロックチェーンには物理的なアドレスがありません。電話番号もありません。彼らはどこにでもいて、どこにもいない。閉鎖するオフィスもありません。プラットフォーム自体を閉鎖することはできません。もし、悪質なブロックチェーンがデジタル台帳技術の市場を支配することになれば、それは集団的悪夢となるでしょう。


第二の問題:ブロックチェーン技術はすでに非常に人気があり、今後も継続すると思われます。多くの分野でこの技術に対する需要を抑えることはできません。世界には、コストのかかる仲介を必要としない取引に対する自然な需要があります。金融包摂の実現。スピーディで信頼性が高く、透明性のある管理が求められています。このような需要がある以上、ブロックチェーンの存在を否定することはできません。自然は空白を嫌うものです。そして、正しい規制がない場合、悪質なブロックチェーンがこの空白を埋めるために殺到し、この強力なテクノロジーに対するますます大きくなる需要に対して、効果のない、または有害なソリューションを提供してしまう危険性があります。


では、どのように行動すべきか。


悪質なブロックチェーンを罰することは不可能であり、ブロックチェーン技術の魅力は抗しがたいものであるため、規制当局がすべきこと、できることは、善良なブロックチェーン・プロジェクトが世界の需要を満たすようにすることだと提案したい。そして、それを可能な限り迅速に行うことです。規制の不確実性があれば、優良なブロックチェーン・プロジェクトは大概、この分野への参入を控えるでしょうし、規制が時代遅れであれば、優良なブロックチェーンは、ルールをすべて無視するだけの悪質なブロックチェーンと不利な競争を強いられることになります。つまり危険なのは、この重要で必要なスペースが、排除できない悪いブロックチェーンによって埋められてしまうことです。


そこで、どのブロックチェーンが良いもので、どのブロックチェーンが悪いものなのかを区別することはできるのでしょうか?どのブロックチェーンが金融包摂を促進し、どのブロックチェーンが促進しないのか。私はそれが可能だと思います。この方向性に大いに役立つ4つの簡単なテストを提案しましょう。



第一のテスト:スケーラビリティ。金融包摂には、定義上、スケーラビリティが必要です。このブロックチェーンでは、1秒間にいくつのトランザクションが可能ですか?もしその答えが、例えば16TPSであれば、金融包摂はあり得ません。世界には何十億人もの人がいますが、この取引速度では、年に一度でも取引ができればラッキーです。このようなブロックチェーンは投機をサポートするだけで、このテストには合格しません。


第2のテスト:基本的なスマートコントラクトのコスト。基本的なスマートコントラクトの真髄は、二者間の交換です。私はあなたが欲しい資産を持っており、あなたは私が欲しい別の資産(例えば、お金)を持っていて、それらを交換したいと思っています。したがって、このブロックチェーンでの資産の二者間交換のコストはいくらか?もしその答えが「50セント以上」であれば、このブロックチェーンは金融包摂を実現できません なぜなら、資産の交換は最も基本的な貿易の形態であり、まさに商取引の中心そのものだからです。また、あなたの給料が月に50ドルであったり、交換される資産が10ドルの価値であったりする場合、50セントは法外な金額です。


第3のテスト:環境の持続可能性。ブロックチェーンは、他の製品と同様に、生産するためのエネルギーと運用するためのエネルギーを必要とします。では、このブロックチェーンはどのくらいの電力を消費するのでしょうか?もしその答えが「大量のエネルギー」であれば、金融包摂に希望は持てません。最悪です。なぜなら、環境悪化の被害を真っ先に受けるのは恵まれない人々だからです。環境に悪いブロックチェーンは、悪いブロックチェーンです。議論の余地はありません。


第4のテスト:コンセンサス。コンセンサスとは、新しい取引ブロックが選ばれ、チェーンに追加される基本的なプロセスです。では、「誰でもこのブロックチェーンのコンセンサス・プロトコルに参加できるか」を聞いてみましょう。もしその答えが、「スーパーコンピュータを2、3台買うことができればいい」というものであれば、金融包摂も成立しません。なぜなら、私たちのほとんどはスーパーコンピュータを買う余裕がないからです。また、「申し訳ありませんが、私たちにはすでに10人、20人、100人の代理人がいて、私たち全員に代わって将来のブロックを選択する役割を担っています」という答えであれば、やはり金融包摂は実現しません。実際には、このようなエリート主義的なクラブは、自分たちが望む人を取引から排除する全権を持っています。


第5のテスト:サービスの継続性。簡単に言うと、このブロックチェーンはどのくらいの頻度でダウンするのか?もしその答えが「毎月数時間」であれば、そのチェーンは金融包摂には不適切です。真に分散されたサービスは、頻繁に機能を停止することはありません。投機は簡単に1日飛ばすことができますが、必要不可欠な金融サービスは中断することなく動作しなければなりません。


第6のテスト:アップグレード可能性。このブロックチェーンはアップグレードできますか?これまでに更新されたことはありますか?もしその答えが「いいえ、決してありません。私たちは、このチェーンがこれまでと同じ方法で運用され続けることを誇りに思っています」であれば、立ち去りましょう。新しい安全な技術が利用可能になったとき、ブロックチェーンは、サービスを中断することなく、自動的に分散してシームレスに組み込むことができなければなりません。そうすることで初めて、ブロックチェーンは今日も明日もコミュニティのニーズを満たし続けることができるのです。


第7のテスト:分散型の相互運用性。私たちは、必要なときに自分の資産や情報を別の場所に移すことができないようなブロックチェーン、あるいはそれに関連するどんなインフラも信用してはいけません。そこで、このブロックチェーンは、他のブロックチェーンに資産や情報を簡単に転送できるか?それを分散型で行うことができるか?残念ながら、現在のブロックチェーンの相互運用性に関するほとんどのアプローチは、中央集権的で、ナイーブで、危険なものです。これらのアプローチでは、あるブロックチェーンから別のブロックチェーンに何を転送するかを、絶対的な権威を持って、できれば絶対的な誠実さを持って指示する数人の「管財人」を想定しています。このような中央集権を導入することは非常に危険です。なぜなら、数人の管財人を腐敗させたりハッキングしたりすることは非常に簡単だからです。さらに、悪意があろうとなかろうと、ミスを犯した受託者に相応の罰金を課すことは、空しい脅しに過ぎません。ブロックチェーンで取引される価値は莫大なものであり、被害に見合った罰金を支払う能力を持つ受託者はいないでしょう。非中央集権・分散化こそが、セキュリティの真の源なのです。2つのブロックチェーン間の相互運用性は、他の誰の介入もなく、関係する2つのブロックチェーンによって直接達成されるべきです。それは技術の問題でしかなく、そのような技術はすでに成熟しています。それ以下のものに妥協するのはやめましょう。


結論として、規制当局はもちろんのこと、政府、企業、技術者、そして一般市民は、具体的にどのような手段を講じるべきでしょうか。私は、「教育」と「実験」という2つのステップが必要だと考えています。


ステップ1:教育:ブロックチェーンが市民社会にとって真に有用であるためには、どのような技術的特性を持つべきかを理解し、一般の人々に明確にする必要があります。このステップは、分散型金融や透明性のある管理・運営などに参加しようと誠実に考えている個人、企業、機関、政府が、リスクの高い投機はともかく、中央集権化しかできない技術を持つ劣悪なブロックチェーンから抜け出せなくなることを防ぐのに大いに役立ちます。


ステップ2:実験、できればサンドボックスで。なぜなら、サンドボックスは、規制当局がブロックチェーン技術の可能性だけでなく、限界も直接理解するために不可欠だからです。超高速で進化し続ける新技術に規制当局が対応するためには、サンドボックスが不可欠です。ブロックチェーンは、前世紀のルールはもちろん、過去20年間のルールだけでは規制できません。


教育と実験によってのみ、CORRECT REGULATION(正しい規制)を実現することができます。責任あるブロックチェーン技術を許可することで、私たち全員が安全に前進することができます。そして、G20のミッションの核心である金融包摂と国際協力を促進します。




シルビオ・ミカリについて


シルビオ・ミカリは、ローマ大学で数学の学位、カリフォルニア大学バークレー校でコンピュータサイエンスの博士号を取得しました。1983年以来、MITの電気工学・コンピュータサイエンス学部の教授を務めています。


研究テーマは、暗号、ゼロ知識、疑似ランダム生成、ビザンチン合意、安全なプロトコル、メカニズム・デザイン、分散型台帳。


チューリング賞(コンピュータサイエンス分野)、ゲーデル賞(理論コンピュータサイエンス分野)、RSA賞(暗号分野)などを受賞。 全米科学アカデミー、全米工学アカデミー、米国芸術科学アカデミー、リンチェイ学会の会員。


分散性、スケーラビリティ、セキュリティを備えた全く新しい原理に基づいて開発された、新しい基盤となるブロックチェーン「アルゴランド」の創設者です。



元記事:https://www.algorand.com/resources/algorand-announcements/silvio-micali-shares-remarks-from-participation-at-consob-g20-event