レイヤー1プラットフォーム:比較のためのフレームワーク



レイヤー1プラットフォーム:比較のためのフレームワーク

by The Block Research


The Block Researchは、アルゴランド及びアルゴランド財団の委託を受けて「レイヤー1プラットフォーム:比較のためのフレームワーク」を作成しました。Algorand、Avalanche、Binance Smart Chain、Cosmos、Ethereum/Ethereum 2.0、Polkadot、Solanaの7つのプラットフォームを比較しています。技術的な設計、関連するエコシステムのデータ、主要なエコシステム・メンバーなどの質的な要素を評価して、それぞれの違いを理解します。このような分析を行った結果、今後のスマートコントラクトの展望について、いくつかの示唆を得ることができました。


本レポートでは、コンセンサス・アルゴリズムの平易な説明から、ブロックチェーンのエネルギー消費に関する議論への見解、オンチェーン・メトリクスの分析まで、様々な分野をカバーしています。このレポートでは、たくさんのデータを用いています。


レポートの詳細をご覧になりたい方は、以下のフォームにご記入の上、ダウンロードしてください。


>Layer-1 Platforms: A Framework for Comparison


★追記:本件に関するウェビナー開催!Wednesday, August 18th 2021 - 6:00 PM (CEST)



イーサリアムの登場から6年が経過し、私たちは汎用ブロックチェーンの革命的なインパクトを目の当たりにしてきました。まず第一に、金融分野では分散型金融(DeFi)が台頭してきました。次に、文化的な分野では、NFT(ノン・ファンジブル・トークン)をめぐる活動が爆発的に増えています。


しかし、汎用ブロックチェーンがどのような経験をもたらすことができるかについては、まだ表面をなぞっただけであることは、注意深く観察してきた人なら誰でも知っていることです。


「イーサリアム・キラー」という言葉が流行らなくなった一方で、レイヤー1プラットフォームの分野では、ここ数年で開発のペースが加速しています。何十ものプラットフォームが登場しています。


その中には、イーサリアムに代わる簡単に導入できるプラットフォームを提供し、分散型アプリケーションを立ち上げる際のデファクト・チョイスとしてのイーサリアムの地位に挑戦しようとするものもあります。また、開発者が独自のブロックチェーンを構築したり、クロスチェーンの通信プロトコルを作成したりする際に、最高レベルの柔軟性を提供することに注力しているものもあります。


年を追うごとに、「1つのブロックチェーンがすべてを支配する」という結果からはどんどん遠ざかっていきます。しかし、これらの異なるプラットフォームを分析することは困難です。


技術的な専門用語に囲まれているからです。これらのプラットフォームの間で消化可能な比較をすることはほとんどありません。しかし、これらのプラットフォームはすでに「投資可能なクリプト業界」のかなりの部分を占めており、これまで見てきたものよりも桁違いに大きなエコシステムを支える態勢を整えています。これらを分析することは、今後数年間にわたって重要な課題となるでしょう。


スマートコントラクト・プラットフォームをイーサリアムの文脈以外で分析するのは難しい。ビットコインの文脈の外でイーサリアムを分析することも同様に困難です。そこで本レポートでは、まずビットコインについて簡単に紹介した後、イーサリアムの現状に飛び込んでいきます。



元記事:https://www.theblockcrypto.com/post/114225/layer-1-platforms-a-framework-for-comparison