https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

MilkomedaはどのようにAlgorandエコシステムの普及と開発者を後押しするのか?

更新日:11月8日



MilkomedaはどのようにAlgorandエコシステムの普及と開発者を後押しするのか?

by Milkomeda Foundation


AlgorandメインネットでMilkomeda Algorand Rollup (A1)が間もなくローンチされますので、それがAlgorandエコシステムにもたらすいくつかの利点とプロジェクトに焦点を当てることが適切であると考えました。


これらの利点やプロジェクトは複数の形で提供されますが、それらはすべてMilkomedaがAlgorandコシステムにもたらすEVM能力の結果です。EVM機能をもたらすことで、Algorandエコシステムとコミュニティは、世界で最も人気のあるスマートコントラクト言語である”Solidity”でdAppを記述する開発者たちにオープンになります。相互運用性がAlgorandのような非EVMチェーンに提供されるのです。Algorandとは何か、Milkomedaの最初のロールアップ展開に最適な要因は何か、そしてA1 RollupがAlgorandエコシステムにもたらす利点は何かについてご覧ください。



Algorandとは?


Algorandは、Algorand Virtual Machine(AVM)上で動作する非EVMのレイヤー1ブロックチェーンで、ビザンチン合意に基づいて構築されたPure Proof of Stake™(PPoS)プロトコルを使用しています。MITのSilvio Micali教授によって設立され、取引確認時間が4秒以下と、即時取引の最終性を持って運営されています。


Algorandネットワークのネイティブ通貨であるALGOは、取引手数料の支払いや、ネットワークのコンセンサス・プロセスに参加したユーザーへの報酬として使用されます。また、Algorandネットワークは、ネットワーク上でALGO以外の資産を表現するための標準的なメカニズムであるAlgorand Standard Assets (ASAs)をサポートしています。この資産標準には、ファンジブル資産、ノン・ファンジブル資産、制限付きファンジブル資産、制限付きノン・ファンジブル資産が含まれます。


このネットワークのスマートコントラクトは、TEAL(Transaction Execution Approval Language)と呼ばれる言語で書かれていますが、開発者はPythonでコントラクトを書き、pyTEALライブラリを使用してコントラクトをTEALにコンパイルすることも可能です。また、Algorandは、署名委任型取引に通常使用されるスマート署名(ステートレス・コントラクト)もサポートしています。


Algorandは、スケーラビリティ、セキュリティ、分散化というブロックチェーンのトリレンマを解決するために設計されています。ネットワーク独自のPPoSコンセンサス・プロトコルは、どんなに小さなステークでもすべてのユーザーが参加でき、ブロックの生成と確認に参加することで報酬を得ることができます。Algorandのコンセンサス・プロトコルは、ネットワークのフォークが不可能であることが特徴です。その結果、トランザクションの確認時間は4秒以下となり、トランザクションは即座に終了します。Algorandネットワークは6,000トランザクション/秒(TPS)を処理することができ、最小取引手数料はわずか0.001Algoです。



Milkomeda RollupはどのようなプロジェクトをAlgorandエコシステムにもたらすことができるか?


EVMの機能をAlgorandにもたらすことは、ブロックチェーンの相互運用性を高め、Algorandエコシステムとコミュニティを世界で最も人気のあるスマートコントラクト言語であるSolidityで書く開発者に開放することになります。Solidityで書かれた開発者にAlgorandをオープンにすることで、基本的なコードにほとんど変更を加えることなく、AlgorandエコシステムにdAppをデプロイできる開発者の数が大幅に増加します。


では、Milkomeda Algorand Rollupにデプロイされるプロジェクトにはどのようなものがあるのでしょうか?



DeFi(分散型金融)


DeFiはブロックチェーン技術で最も人気のあるユースケースの1つであり、A1 Rollupで複数のDeFiプロジェクトがローンチされることが予想されます。DeFiプロジェクトは多種多様であり、可能性のあるプロジェクトのリストには以下のようなものがあります。DEX(分散型取引所)、レンディング・プロトコル、ローンチパッド、イールド・ファーミング管理プロトコル、クロスチェーン・スワップ・プロトコル(EVMベースのチェーン間)などが挙げられます。


Milkomeda Alogrand A1 RollupのDeFiユーザーは、DeFiプロトコルの最大のライブラリであるSolidityコントラクトをMilkomeda Alogrand A1 Rollupに移植することにより、複数の基本および高度なDeFi活動を行うことができるようになります。このようなDeFi活動には、流動性の提供、流動性のファーミング、レバレッジ取引、資産の貸し借り、LPトークンのステーキング、アルゴリズム型ステーブルコインの使用、その他多数が含まれます。



DAOs


DAOの機能と使用法はクリプト空間で成熟しつつあり、そうなるにつれて、より細かく調整されるだけでなく、より一般的になってきています。新規および既存のプロジェクトは、Milkomeda A1 Rollup上でDAOを立ち上げ、運営することができます。DAOは、暗号資産やプロジェクト・トレジャリーのコミュニティ管理、慈善寄付、バグ・バウンティ分配承認、優良NFTへの集団投資、アクセラレータやローンチパッドの共同投資ベンチャー、その他多くの使用例など様々な機能性のための多くのユニークなツールで成り立っています!


EVMチェーンのために構築されたDAOツールは数多くあり、DAO機能で彼らの提供を強化しようとしているプロジェクトは、Milkomeda Alogrand A1 Rollupでそのまま利用することが可能です。



NFT


NFTはブロックチェーン技術の最も人気のあるユースケースの1つであり、デジタルアートの所有権を表すだけでなく、その用途が着実に広がっていることがわかります。Milkomedaはノン・ファンジブル・トークンをサポートし、多くのプロジェクトがこの機能を活用し、アートやチケットから有形財産やアイテムのデジタル表現までを提供すると予想されます。


NFTスペースには、ユーザーがNFTを売買できるNFTマーケットプレイスもあります。これらは、固定価格での提供やオークション機能を備えていることが多いです。オークションは様々な方法でフォーマットすることができ、Milkomeda A1 rollupを使用して開発者がAlgorandコミュニティに何をもたらすか楽しみです。



ゲーム


ブロックチェーン・ゲームの世界は驚異的なペースで成長しており、完全にオンチェーンに保存されたゲームから、ゲーム内のアイテム、キャラクター、その他の要素がNFTによって表現されたゲームまで、あらゆるものが含まれています。ブロックチェーン・ゲームの世界では革新が続いており、Milkomeda A1 Rollupでいくつかのエキサイティングなゲーム・プロジェクトが立ち上がることが期待されます。



ツール


EVMは、ブロックチェーン空間全体において最も多用されている仮想マシンです。その結果、EVMベースのチェーン上でdAppsを開発しようとしている開発者が利用できるツール、例、文書、ベストプラクティスが大量に存在することになります。このようなツールやドキュメントをすべて利用できるようにすることで、dAppの市場投入までの時間を短縮し、開発者の可能性を大きく広げ、優れたチームを作りやすくし、結果としてMilkomeda A1 RollupでAlgorandのユーザーが利用可能になるものの可能性を高めることができるのです。



インフラストラクチャ


Milkomeda A1 Rollupは、Algorandの既存のスタックにEVM機能を追加し、EVMベースのネットワークからAlgorandネットワークへの資産の移行を可能にします。また、Milkomeda A1 rollupは、EVMチェーン用に構築されたクロスチェーン通信を展開することができるようになります。これにより、プロジェクトはMilkomeda A1 Rollupを経由してAlgorandネットワークに接続するブロックチェーン・ブリッジを導入しやすくなり、ブロックチェーンの相互運用性が強化されます。



Milkomeda | Algorand A1 Rollupローンチ間近!


Milkomeda Algorand Rollupのローンチ日は近日中に発表される予定ですので、私たちのソーシャルメディア・チャンネルにご注目ください。開発者がMilkomeda A1 RollupとAlgorandエコシステムに何をもたらしてくれるのか、私たちはとても楽しみにしています。プロトコル・パラメータ以外でMilkomeda A1 Rollupをローンチするために開発者が創造することの唯一の限界は、想像力の限界だけです。


Milkomeda Alogrand A1 RollupのEVM機能は、開発者が別の言語と環境で動作するようにdAppsを再開発する必要がないことを意味します。その代わり、開発したdAppをほとんど変更することなく、Rollupに再デプロイすることができます。Milkomeda Algorand A1 Rollupのローンチや利用方法については、当社のソーシャル・チャンネルをフォローしてください。



Milkomedaについてもっと知る:


Website: milkomeda.com

Twitter: @Milkomeda_com

Medium: @milkomedafoundation

Medium(日本語): @milkomeda日本


Algorandについてもっと知る

Algorand Inc: Website

Algorand Foundation: Website

Algorand Research: White Papers

Twitter: @Algorand

Medium: @Algorand



元記事:https://medium.com/@milkomedafoundation/how-is-milkomeda-going-to-boost-adoption-and-developers-in-the-algorand-ecosystem-f71497271f95