アルゴランドが提供する未来の金融のための決済インフラとは?



アルゴランドが提供する未来の金融のための決済インフラとは?



世界の金融業界は、デジタル・トランスフォーメーションの道を歩んでいます。インターネットがオンライン・バンキングとデジタル決済の時代をもたらした一方で、ブロックチェーン技術は、金融サービスのデジタル化を、オープン性、ボーダレス性、アクセシビリティの新時代へと飛躍させるものとなっています。


アルゴランドは、この開発の最前線で、金融の未来のための次世代ブロックチェーン・ソリューションを開拓しています。


アルゴランドが、デジタル・ファーストの未来の金融サービスに必要な決済インフラをどのように提供しているのかをご紹介します。



金融の未来(FutureFi)に向けて


世界の決済エコシステムは、フィンテック企業が提供する革新的な機能の統合により、急速に進化しています。これらの機能の多くは、より速く、より安全な決済業務への需要の高まりに対応するために、迅速に採用されています。


今日、ブロックチェーンは決済業界にさらに多くの特典をもたらすことができ、なかでもアルゴランドは、金融の未来のために安全でスケーラブルな決済インフラを構築するための模範的な分散型台帳ネットワークです。


決済市場に恩恵をもたらす可能性のあるアルゴランドの機能を掘り下げる前に、なぜブロックチェーンが世界の金融業界にとって非常に有益なのかを手短に説明することに意味があります。


ここでは、分散型台帳技術(DLT)によって改善される可能性のある、決済業務に関する主な側面を紹介します。


  • セキュリティ - ブロックチェーンは、ノード(サーバー)の分散型ネットワークを表しています。パブリック・ブロックチェーンでは、誰もがエコシステムの一員になれるため、これらのノードは世界中に分散しています。そのため、ブロックチェーン・ネットワークには単一障害点がなく、決済インフラは潜在的な攻撃やその他の悪意のある行動に対して耐性があります。

  • スピード - 従来の決済レールは、特に国境を越えた取引の場合、煩雑になることがあります。ブロックチェーンは、決済取引のスピードを向上させ、最先端のフィンテックをも上回ることができます。

  • 手数料 - ブロックチェーンは仲介者を介さないため、従来のシステムに比べて決済取引のコストが大幅に削減されます。

  • 柔軟性 - 従来の銀行機関やフィンテックがホストする決済システムは、かなり硬直していることがあります。ブロックチェーンを利用することで、商人や組織は、マイクロペイメント、大規模な取引、世界中の複数の当事者間で行うことができるプログラム可能な取引を受け入れることができます。


決済のユースケースに対応できるパブリック・ブロックチェーンやパーミッション型チェーンはいくつかありますが、Pure Proof of Stake(PPoS)コンセンサス・アルゴリズムと開発者に優しい環境を備えたアルゴランドは優れた選択肢となっています。



決済インフラに最適なアルゴランドの機能


アルゴランドはFutureFi(未来の金融)のために設計されており、ユーザーは安全でスケーラブルな決済インフラや金融アプリケーションを開発することができます。


MITのシルビオ・ミカリ(Silvio Micali)教授が発明したPPoSコンセンサス・メカニズムは、真の分散型ネットワークにおいて、ほぼ瞬時に確定(ファイナリティ)する、迅速で低コストの支払い取引を可能にします。


このプロトコルのユニークな設計は、PPoSの安全性とスケーラビリティを実現する重要な要素である「ランダム性(randomness)」を中心に展開されています。このプロトコルでは、次のブロックに参加するバリデータの小グループを無作為かつ秘密裏に選択します。そのため、潜在的な攻撃者は、現在のブロックのバリデータについて常に不確かな状態(誰がバリデータなのかわからない)にあり、ネットワークに損害を与えることができません。


PPoSアルゴリズムは、決済のユースケースに安全な環境を提供するだけでなく、Proof of Workブロックチェーンの場合のようにバリデータ間の競争がないため、取引の高速化と低コスト化を実現します。


アルゴランドのPPoSアルゴリズムは、デジタル決済システムに以下のような特徴をもたらします。


  • 非中央集権・分散性 - アルゴランドは現在、ブロックチェーンのトリレンマを解決する唯一のネットワークです。分散性を犠牲にして高いスケーラビリティを実現するチェーンもありますが、アルゴランドのプロトコルは真の分散性、セキュリティ、スケーラビリティを実現しています。

  • セキュリティ - アルゴランドは単一障害点を持たないunforkable(フォークしない)なブロックチェーンです。

  • スケーラビリティ - ミカリ教授のプロトコルはスループットが高く、ブロック・スピードとファイナリティを損なうことなく、大幅なスケールアップが可能です。

  • 低コスト - アルゴランドの標準的な取引手数料は、1回の取引につき約0.001ALGOであり、これは決済システムにとって大きな違いを生み出します。

  • 開発者に優しい - 決済インフラを構築する際、開発者は綿密なドキュメントや始め方ガイド、スマートコントラクトを含むツールや機能の組み合わせ、幅広いアセット、アトミック・トランスファーを活用することができます。アルゴランドは、スマートコントラクトを複数の方法で設定できるため、あらゆるタイプの決済インフラに適しています。



アルゴランドとサークル(Circle)が提携


FutureFiのより良いエコシステムの構築に向けた大きなマイルストーンの1つが、アルゴランドとCircleの提携です。その結果、PPoSベースのネットワークは、世界のクリプト市場で主要なステーブルコインの1つであるCircleのUSDCをホストすることになりました。


ステーブルコインは、ビットコインのような暗号通貨が極度のボラティリティを示し、効率的な交換手段として機能しないことを考慮すると、現時点でデジタル決済に最も適したブロックチェーンベースの資産となっています。


アルゴランドのUSDCは、アルゴランドのLayer-1ネットワークの特徴と、USDCの米ドルへの安定したペッグ、サークルの規制遵守を兼ね備えており、最も安全で安定した資産の一つです。


サークルは世界的なフィンテック企業であり、あらゆる規模の企業がステーブルコインとパブリック・ブロックチェーンの力を活用して、世界中の決済やその他の金融アプリケーションに利用することができます。



アルゴランドを活用:Bleumi Pay


アルゴランドでデジタル決済のための摩擦のないシステムを構築しようとしている企業や開発者は、このネットワークがすでに決済業界で採用されている既存のユースケースをもとに検討することができます。


最も関連性の高い例の1つは、Eコマース向けに設計されたノン・カストディアルのクリプト決済ソリューションであるBleumi Payです。このプラットフォームは、ボストンに拠点を置く企業Bleumiが運営しており、アルゴランドを選んだ理由は、PPoSアルゴリズムを搭載した機能にあります。Bleumi社のCEO兼共同創業者であるThomas Arul氏は、このネットワークについて次のようにコメントしています。


「彼らのプロトコルは、他の競合ネットワークと比較して、わずかなコストで前例のないレベルのパフォーマンスとスピードを提供しており、これは日常的な決済や支払いのユースケースには不可欠なものです」

アルゴランドのおかげで、Bleumi PayはALGO、USDCを含むアルゴランド標準アセット(ASA:Algorand Standard Assets)、およびアルゴランド上に構築される将来の中央銀行デジタル通貨(CBDC)をサポートします。


Bleumi Payを使えば、あらゆる規模の企業が、アルゴランド・ベースの資産で行われる決済・支払い業務を統合することができます。


今年初めには、世界最大級のコーヒー・サプライヤーであるイタリアのCaffè Barbera社がBleumi Payを統合しました。2020年、同社はヨーロッパのコーヒー生産者としては初めて、自社のEコマースサイトでのクリプト決済を可能にしました。


アルゴランドの高機能プラットフォームは、決済業界の大幅なアップグレードにおいて主導的な役割を果たすことができるでしょう。


ブロックチェーンがどのように私たちにFutureFiをもたらすのか、詳しくは「The Future of Global Payments」レポートをダウンロードしてください。





元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/algorand-provides-payment-infrastructure-future-finance