デベロッパー向けオフィスアワー:アルゴランドのスマートコントラクト言語を理解する

最終更新: 11月21日




デベロッパー向けオフィスアワー:アルゴランドのスマートコントラクト言語を理解する


アルゴランドのスマートコントラクト言語の中級レベルのセッションに参加してみませんか?


今日、ほとんどの取引は、ペーパーワークで構成された伝統的な契約書に基づいていますが、契約書に記載されている条件の履行を検証するために、信頼できる第三者を必要とすることがよくあります。この方法は時代遅れであり、時間がかかり、最も重要なことは、費用対効果が高くないということです。


そのため、ブロックチェーンを利用する開発者は、契約条件が満たされたときにブロックチェーン上に保存された基本的なコードを使って自動的にトランザクションを実行するスマートコントラクトを使用しています。


しかし、第一世代のブロックチェーン上に構築されたスマートコントラクトを使用している開発者は、そのアプリケーションが主流の採用を妨げている課題に直面しています。これらのスマートコントラクトは普及に時間がかかり、コストがかかり、実際のユースケースに合わせた拡張性がありません。これらの障害は、主流の採用を可能にするために取り除かれなければなりません。


アルゴランド・スマートコントラクト(ASC1s


アルゴランドのスマートコントラクト(ASC1)は、高速化、拡張性、費用対効果だけでなく、高度で複雑なアプリケーションを可能にする機能的にも高度なパフォーマンスが実証された信頼性の高いシームレスなソリューションとして、これらの障壁を取り除きます。


アルゴランドのスマートコントラクトは、各アルゴランドのノードによって解釈されるアセンブリのような言語であるトランザクション実行承認言語(TEAL)で書かれています。TEALのプログラムは、手書きで書いたり、PyTEALコンパイラを使ってPython言語を使って書いたりすることができます。


11月24日のオフィスアワーでは、TEALとPyTeal言語を取り上げ、JavaScriptの基本的なフレーバーである既存のスマートコントラクト言語を超えることについて深く掘り下げていきます。 このセッションでは、TEALとPyTealの使い方を開発者に紹介するだけでなく、アルゴランドがこれらの契約をどのように処理しているかを説明し、アルゴランドと他のオプションとの間の重要な違いを強調します。


このオフィスアワー・セッションに参加する前に、いくつかの参考資料をご紹介します。



事前に会話に参加するには、私たちのフォーラムやDiscordに参加してください。




元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/developer-office-hours-smart-contracts