Data History Museum、世界初のNFTを活用した震災遺構のコレクションを開始し、ミュージアムを再構築



Data History Museum、世界初のNFTを活用した震災遺構のコレクションを開始し、ミュージアムを再構築

Algorandブロックチェーン上に構築されたData History Museum初のNFTシリーズの歴史的遺物は、US Geological SurveyのオープンAPIを利用し、世界中の地震に由来するリアルタイム資産を作成します。


オーストラリア・メルボルン、2022年5月23日 /PRNewswire/ --MakerXベンチャーのData History Museumは、ハワイでのマグニチュード4.67地震をマークした世界初の検証可能な本物のデジタル歴史的遺物を含むGenesis Collectionをオークションで1,050 Algoで競売し、収益の50%は科学研究、50%は災害救済に寄付されました。


Data History Museumは、すべての主要な歴史的出来事について、その都度NFT遺物を作成するために作られました。例えば、最初の実装では、世界中で発生したすべての大地震のNFTが作成されます。米国地質調査所のオープンAPIのデータを活用した自動化により、各地震のNFT鋳造は自動的かつ瞬時に行われ、マグニチュード、深度、現場の経度・緯度など、そのイベントに関連する重要なメタデータも含まれています。


これまで歴史的な遺物というのは、人為的に再現できないデータを抽出することで、そのオリジナル性や歴史的な意味を証明することができる物理的な物体でした。この検証可能なユニークさ、つまり非偽造性という品質が、本物の歴史的遺物であることを証明する要素の一つです。


例えば、ロゼッタストーンを考えてみましょう。ロゼッタストーンは、明示的・暗示的なデータ(彫刻、炭素年代測定など)により構成されており、研究者はその真正性を疑う余地なく立証することができるとともに、それを再現不可能なものにしているのです。このようなタイプの遺物は、過去を理解し、未来に情報を提供しようとする科学者や歴史家にとって不可欠なものです。


人類が物理的な世界からデジタルな世界へと拡大するにつれ、Data History Museumは、歴史的な遺物を追跡するためのデジタル・システムが、物理的な遺物のために確立されたのと同じ真正性の基準を満たすことがいかに不可欠であるかを理解しています。現在、美術館や博物館が採用しているデジタル・アーカイブは、破損や改ざん、完全な消去が可能であり、十分なものではありません。


NFT(非代替性トークン)は、この課題に対する技術的な解決策を提示するものです。特殊なデータ構造であるNFTは、改ざん防止と長期的な冗長性を備えた、検証可能なユニークデジタル・オブジェクトの作成を容易にすることができます。Data History Museumの詳細なホワイトペーパーでは、NFTが正当な歴史的遺物としてどのように認定されるのか、さらに詳しく説明しています。


Data History Museumは、ブロックチェーンが人類で最も信頼性が高くアクセス可能な歴史記録の基盤となり、すべての主要な歴史的出来事についてNFT成果物を作成するための協調的な取り組みにより、科学者が21世紀以降の出来事を自信を持って研究できるようになると考えています。


Data History Museumは、このプロジェクトを推進するために、カーボン・ネガティブでスケーラブル、かつ開発者に優しいレイヤー1プロトコルであるAlgorandブロックチェーンを活用しており、数千の遺物を継続的に鋳造するために必要な低い取引手数料を実現しています。


MakerXのCEOであり、Data History Museumの共同設立者であるマット・デイヴィスは、次のようにコメントしています。「私たちは科学をこよなく愛し、支持しており、この技術の可能性にとても興奮しています。私たちは、全人類が楽しめるように、検証可能なあらゆる種類の本物の歴史的遺物をキュレーションした世界初のデジタル博物館を建設中です。おそらくデジタル遺物は、いつの日かロゼッタストーンのように、人類の理解に大きな影響を与えるようになるでしょう」。


地震に続き、Data History Museumは、ハリケーンや太陽フレア、科学的ブレークスルーや選挙結果など、あらゆる出来事に対応した遺物を制作する予定です。


しかし、Data History Museumのビジョンは、単なる成果物にとどまりません。同博物館は、データフィードを提供する科学者や研究者と、遺物の販売による収益を共有することを計画しています。これにより、科学者は全く新しい資金源を得ることができ、助成金への依存や、資金提供者の利益になる研究を優先する必要性を減らすことができるのです。



MakerXについて


MakerXは、スタートアップ企業、企業、ベンチャー・ビルダー向けのデジタル製品開発に特化しています。ビジネス戦略とテクノロジー実装のギャップを埋めることで、ベンチャー企業を成功に導きます。オーストラリアに本社を置き、世界中に専門家を持つMakerXは、エンジニアリング、デザイン、戦略的思考において最も優秀な人材を集めています。MakerXは、デジタル実装およびWeb3の専門家パートナーとして、直接従事することも、既存のベンチャー構築チームに組み込むことも可能です。

https://makerx.com.au/



Data History Museumについて


Data History MuseumはMakerXのベンチャー企業で、人類、地球、宇宙の歴史の中で最も重要な出来事で作られた、検証可能な本物のデジタル遺物を造形し、カタログ化し、販売することを使命としています。

https://www.datahistory.org/



Algorandについて


Algorandは、あらゆる種類の経済モデルおよび経済を変革しています。チューリング賞を受賞した暗号学者シルビオ・ミカリによって設立されたAlgorandの高性能なLayer-1ブロックチェーンは、高速で摩擦のない包括的な技術を世界中のユーザーに提供する比類のない存在です。Algorandは、TradFiやDeFiから新しいクリエイター経済やその先にあるものまで、複数の業界を再形成しています。相互運用性と一貫したデリバリーへのコミットメントにより、Algorandの持続可能なテクノロジーは、より多くの参加、透明性、そして効率性をすべての人に提供します。2,000以上のグローバルな組織で選ばれている技術として、Algorandのエコシステムは、次世代の金融商品、プロトコル、価値交換を変革しています。

https://www.algorand.com/



元記事:https://www.prnewswire.com/news-releases/data-history-museum-reimagines-museums-by-launching-the-worlds-first-nft-powered-collection-of-earthquake-artifacts-301552483.html