Algorand隔週レポート(5/22 - 6/4):レイヤー1 スマートコントラクト, レイヤー2 オフチェーンコントラクトなど

最終更新: 6月15日




Algorandについての最新の情報をすべてのブロックチェーンコミュニティに共有します!

Algorandは、一般的かつシンプルなトランザクションをブロックチェーン自体で直接実行することができるLayer-1スマートコントラクトを提供しています。Layer-1スマートコントラクトは、TEALというコードで書かれています。このコードは、プログラマーにトランザクションを実装するための表現性を提供しています。TEALの今後の拡張機能では、プログラムがLayer-1の状態を保存し、口座残高や他のブロックチェーンの状態を検査して、さらに表現性を高めることができるようになります。さらに、Algorandは、より多くのカスタマイズとより専門的なツールを必要とするスマートコントラクトは「long-tail」を目指しているため、(レイヤー2の)オフチェーンコントラクトを提供しています。


さらに、Algorand Standard Assets (ASA)は、ALGOと同じセキュリティ、互換性、スピード、使いやすさの恩恵を受けることができます。アルゴランドチームは、ASAがステーブルコイン、ロイヤルティポイント、システムクレジット、ゲーム内ポイントを表現することを容易にしました


Algorand Walletに新機能が実装されました! Algorand Wallet v4.0.0.0は、Algorand上での取引の経験をさらに合理化、簡素化することを目的としています。Algorand Wallet内から取引ノートのフィールドを利用できるようになりました。また、取引を作成する際にメモを入力したり、取引詳細ビューから送信または受信した取引に添付されたメモを表示したりすることができます。

今後のニュースにもご期待ください。




開発状況

Github:

開発者アクティビティ(Coinlib.io):


最新の開発者リソースは、developer.algorand.orgを確認してください。


Algorand開発者の新ポータル

インターフェースが新しく強化され、開発者のため3種類の新しいコンテンツが用意されています。チュートリアル、ソリューション、記事です。これらの新しいコンテンツライブラリは、Algorand Developer Docsを補完しています。


リンク集: Browse all JavaScript Tutorials , Browse all Python Tutorials , Browse all Java Tutorials , Browse all Go Tutorials


開発賞プログラム

Algorand Developer Docsへの貢献

公式の Algorand Developer Documentation リポジトリが公開され、コミュニティからの投稿が可能になりました。Algorand Developer Documentation の公式リポジトリは https://github.com/algorand/docs にあり、MIT ライセンスの下で管理されています。


Algorand Contributing Guideを確認して、彼らが求めている貢献の種類や始める方法についての詳細な情報を確認してください。


Algorand財団開発者アンバサダープログラム

すでに多くの開発者が、Algorand フォーラムを通じて、Algorand ドキュメントに関する貴重なフィードバックを提供しています。



Algorand上に独自のアセットを生成する


Algorand Standard Assets(ASA)は、ALGOと同じセキュリティ、互換性、スピード、使いやすさの恩恵を受けることができます。Algorandチームは、ASAがステーブルコイン、ポイント、システム信用、ゲーム内ポイントなどを簡単に表現できるようにしました。このビデオを視聴して、簡単な手順でASAを作成する方法を学びましょう。

詳細情報はこちらをご確認ください:https://developer.algorand.org/articl…








Algorandスマートコントラクト構造


2層構造について


Algorandは、一般的かつシンプルな取引のために、安全かつ高速処理のレイヤ1スマートコントラクトを提供します。第2に、Algorandは、カスタマイズ性が要求されるスマートコントラクトの「long tail」(※1)のために、(レイヤー2)オフチェーンコントラクトを提供します。


Algorandオフチェーンコントラクトは、ライトニングネットワークなどのレイヤー2の支払ネットワークと混同しないようにしてください。支払ネットワークは高い専門性:を有している:彼らは、とある集団から別の集団への支払いを送信するためだけに存在しています。対照的に、Algorandオフチェーンコントラクトは、柔軟で汎用的なプログラムです


※1 販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えること、または対象となる顧客の総数を増やすことで、総体としての売上げを大きくしようとする考え方。



Algorand レイヤー1(オンチェーン)スマートコントラクト


Algorand レイヤー1スマートコントラクトは、多くの一般的かつ単純なトランザクションをブロックチェーン自体で直接実行します。例えば、Algorand レイヤー1スマートコントラクトは、先に述べたアトミック・スワップ・トランザクションよりも先進的です。例えば、アリスはボブへの支払いとボブから彼女への支払いの両方を含むアトミックトランスファーを作成します。彼女は自分の支払いに署名し、ボブは彼の支払いに署名し、両方の支払いを含む二重署名されたアトミックトランスファーがブロックチェーンに送信されます。


対照的に、Algorandのスマートコントラクト構造は、AlgorandのAlgoと同じレベルで、ユーザー定義のAlgorand Standard Assetsをビルトインでサポートしています。Algorandブロックチェーンは、うっかりトークンを作成したり破棄したりしないようにビルトインで保護し、オプションでトークンの凍結、クローバック、ミント、バーンを直接サポートします。

またAlgorand レイヤー1コントラクトは、一般的な「ポスト・アンド・セール」取引(post-and-sale)、証券化ローン、クラウドファンディング、認可済みの専用取引、マルチシグ・ウォレット、その他の単純なものや、繰り返しの取引などを直接サポートします。


レイヤー1 スマートコントラクトは、アセンブリーライクなスタックマシン言語である TEAL で書かれています。TEALは、先述した一般的なトランザクションを実装するための表現力をプログラマーに提供します。2020年夏までに準備される予定のTEALの「ステートフル」な拡張機能により、プログラムはレイヤー1の状態を保存し、口座残高や他のブロックチェーンの状態を検査して、さらに表現力を高めることができるようになります。またTEALは、オフチェーン・コントラクトのセキュリティ保証を強化します。


Algorand(レイヤー2)オフチェーンコントラクト


シンプルなブロックチェーントランザクションの多くは、レイヤー1で対応できますが、より専門的なツールを必要とするアプリケーションの「long tail」も存在します。例えば、次のようなものです。

  • コントラクトが大きすぎる場合:例えば、プライベートセールを管理するコントラクトでは、参加が許可されている適格投資家のデータベースや、ブラックリストに登録されている投資家のデータベースを参照する必要があります。これらのデータベースは、大きすぎて連鎖的に管理できない場合や、機密性が高くて公開できないなどの問題があります。

  • コントラクトの計算量が多すぎる場合:例えば、高度なプライバシーを提供するトークンを管理するコントラクトでは、ZK-STARKs や ZK-SNARKs などの計算量の多いライブラリが必要になるかもしれません。同様に、貴重な資産を扱う複雑なコントラクトでは、データ構造の整合性をチェックするアサーションを自由に使用する必要があります。このような計算は、他のクライアントの進行を妨げ、全員のブロックレートを低下させる可能性があります。

  • コントラクトが複雑すぎる場合:TEALは、単純なレイヤー1トランザクションをプログラミングするための強力で安全なツールですが、より複雑なアプリケーションでは、より高いレベルの言語が必要とされます。優れたソフトウェアエンジニアリングの実践では、アプリケーションを複数のコントラクトに分割する必要があります。モジュラー構造を必要とするほど複雑なアプリケーションは、より高いレベルの言語で管理しなくてはいけません。


オンチェーン vs オフチェーン


Algorandブロックチェーンにおいて、新しいブロックは、Algorand自己選択アルゴリズム(Algorand cryptographic self-selection algorithm)によって安全かつランダムに選択されたコンセンサス委員会the consensus committeeによって選択されます。ユーザーがオフチェーンのコントラクトを呼び出すとき、その呼び出しはコンセンサス委員会によって直接実行されません。その代わりに、その呼び出しは、コントラクト実行委員会(the contract execution committee)と呼ばれる並列しているものによって実行され、検証されます。その委員会の各バリデータがコントラクトコールを実行し、一連の効果、つまりコントラクトコールによって生成されたブロックチェーントランザクションのシーケンスを生成します。そして、コントラクト実行委員会はコールのエフェクトを保証する署名付き証明書を発行します。署名済み証明書とその他の検証条件とともに、シンプルな効果のリストがコンセンサス委員会に提出されます。効率化のために、複数のコントラクトのコールを一括して実行することができるので、1つの証明書ですべてのコントラクトコールを裏書することができます。コンセンサス委員会のバリデータは、オンチェーンのコントラクトアーキテクチャのようにユーザ定義のコントラクトコードを実行することはありません。その代わり、コンセンサス委員会のバリデータは、トランザクションの効果を適用する前に証明書と検証条件だけをチェックします。


オンチェーンコントラクトを使用するブロックチェーンは、すべての金融取引を銀行窓口発行の小切手で行うことを要求する銀行に似ています。お金を使う前に、顧客は小切手の金額をエスクローするために、他の顧客と一緒に一列に並んで銀行の窓口で待たなければなりません。一方、オフチェーンコントラクトを使用するブロックチェーンは、当座預金口座を使用するのに似ています。


図1:レイヤ1スマートコントラクトを用いた通常のAlgorandでの実行


図2:Ethereumスタイルのオンチェーンコントラクトでの実行



図3:Algorandのオフチェーンコントラクトでの実行



その他、記事のハイライトは以下の通りです:

  • Ethereumスマートコントラクトとの比較

  • オフチェーンコントラクトの実行

詳しい説明は記事全文をご覧ください





Algorandのアカウントの概要


コアな用語をレビューし、さまざまな文脈でこれらの用語をどのように解釈するかについて開発者にガイドしています。


参考資料

特定の開発者ツールのためのコマンドと構文を学びます。


ノードの運用方法


コンセンサスへの参加

Algorandのコンセンサスに参加するためのアカウントを登録します。


コミュニティプロジェクト

Algorand上に構築された既存のプロジェクトを参照してください。


Algorandコンセンサス

Algorandコンセンサスがどのように機能するかを学びます。

Algorandブロックチェーンは、ピュアなプルーフオブステーク(Pure POS)を活用した分散型ビザンチンコンセンサスプロトコルを使用しています。これは、ステークの過半数以上が善意によって運営されている場合に限り、悪意のあるユーザーを許容し、中央の権威がなくてもコンセンサスを得ることができることを意味します。このプロトコルは非常に高速で、ノードあたりの計算能力を最小限に抑えることができるため、効率的にトランザクションを確定させることができます。プロトコルの詳細については、こちらをご覧ください。


Algorand コ・チェーン(Co-chain)について

Algorandに関する最新のニュース、ソリューション、チュートリアルをお届けするために、Algorand Developer Newsletterにサインアップしてください。



LIVE Q&A



AlgorandのLIVE Q&Aで、世界初のデジタル国家通貨であるマーシャルのソブリン(SOV)を開発したチームを紹介しました。


今回の議論では、次のような話題が取り上げられました:

  • SOVが世界初のデジタル国家通貨になった経緯

  • なぜCBDCなのか

  • CBDCにブロックチェーンを導入する理由

  • CBDCの広がりと今後の展望

ビデオはこちら


今後のイベント情報

2020年6月4日 パネルディスカッション@ポートハーコート(ナイジェリア)

The Marketplace 2020 Summit

ビジネスマン、起業家、起業志望者のためのサミットで、市場の理解についての基調講演が行われます。


2020年6月10日 ミートアップ@アブジャ(ナイジェリア)

Getting started with Algorand

バイエルサのGoogleの開発者コミュニティメンバーとのウェビナー。開発者数が多いコミュニティであり、開発者がAlgorandを活用して、ほぼすぐに採用できる基幹のソリューションを構築する方法を紹介します。Algorandチームは、ブロックチェーンやAlgorandの技術に興味を持ち、あるいはAlgorand上でビジネスを構築したいと考えている人たちと定期的にミートアップやイベントを開催していく予定です。


今後のイベントの詳細については、community.algorand.orgのページをチェックしてください。


ファイナンス

メインネットの統計情報(https://algoexplorer.io)



Algoダイナミクス

Algorandのブロックチェーンネットワークには、Algoと呼ばれる独自の公式ネイティブトークンがあり、ボーダレス経済とインセンティブシステムを牽引しています。ここでは、Algoの配分とその方法を紹介しています。Algorand財団は、Algorandブロックチェーンの安定化に貢献し、Algorandのコミュニティやエコシステムの構築、研究を支援するためにAlgoを保有しています。Algoは、開発や研究への助成金やセールなど、さまざまなチャネルを介してエコシステムに加わっていきます。それらの活動はすべて、コミュニティに対して完全な透明性を持っており、開示されていきます。

新デザインのAlgorand Wallet

Algorand Wallet v4.0.0.0は、Algorand上での取引体験を合理的かつ単純化しました。


新機能:

トランザクションノート: Algorandウォレット内からトランザクションノートフィールドを利用できるようになりました。トランザクションを作成する際にメモを入力したり、トランザクションの詳細から送信または受信したトランザクションに添付されているメモを表示したりすることができます。


テストネット互換性:開発者は、メインネットとテストネットを切り替えることで、メインネット前にアセットの送信や特定のトランザクションをテストすることが可能になりました。


UXの改善:アカウントのアドレス(QRコード含む)のアイコンが更新され、見つけやすくなり、アプリ内チュートリアルが追加されました。

Algorandウォレットはこちらからダウンロード、もしくは以下から直接ダウンロードも可能です。(参照元記事


アップデート:2019 ALGOオークション — 90%払い戻しを2020年6月19日から開始


2019年5月26日-2019年8月に早期償還を利用できなかった2019年のアルゴオークション参加者は、2回目の最終的なオークション償還を選択する資格があります。このプログラム(払い戻しの詳細については、こちらをクリックしてください)は、2020年6月19日の午前12時から2020年6月26日の午後11時59分まで、シンガポール時間で実施されます。この期間中のみ払い戻しをリクエストできます。2020年7月1日のシンガポール時間の午後11時59分までに払い戻しを受け取ります。


今後数週間で、オークション・パートナーのCoinListが残りのすべてのオークション参加者にメールを送信し、払い戻しの申請プロセスの詳細を提供します。


昨年8月のオプションの早期償還時に発生したように、この払い戻しメカニズムを介して返されたすべてのALGOはバーンされます(完全に流通しなくなります)。プロセスが完了すると、アルゴランド財団はトークンのバーンが行われたことを証明します。

参照元記事


2億Algoステーキング報酬プログラム内のキー・ローテションの更新


Algorand財団の2億ステーキングプログラム内でのキー・ローテーションのウィンドウが終了し、次のトランザクションが実行されました。ここで説明した基準は、どのアカウントが200M Algoステーキング報酬プログラムの対象となるかを決定するために適用されますのでご注意ください。

参照元記事

Algorand Walletのアカウントを作成する


Algorand WalletとLedger NanoXをペアリングする


リンク先で、Nano X のセットアップ、Nano X と Algorand Wallet のペアリング、そして最後に Nano X の bluetooth 機能を使用してトランザクションに署名するプロセスを行ってください。


Nano X端末を持っていない人は、Algorand Walletのチュートリアルでアカウントを作成する方法の記事をチェックしてみてください。


Algorand WalletにTether USDTを追加する方法


Algorandでは、トークンやアセットによってアドレスをスパム認定されないように、受け取りたいアセットを手動で追加する必要があります。オプトイントランザクションの場合、自分のアカウントに追加したいアセットの金額を0にして自分自身に送信する必要があります。このチュートリアルで、TetherのUSDTをオプトインして、Algorand Walletに追加して受け取ることができるようにする方法をチェックしてみましょう。



ロードマップ


Algorand財団は、最先端の研究とイノベーション、そして開発のハードルを下げスピードある開発を可能にするエコシステムを組み合わせることで、将来の技術ニーズを先取りしていくことに努めています。


Algorand財団は Algorand Inc.と契約しており、Algorandパブリックブロックチェーンの基礎となるAlgorandの進歩的な開発を開始しました。


VAULT™ Vaultはブロックチェーン圧縮技術で、新規ユーザーは負担のかかるダウンロードを行う必要がなく、すぐにAlgorandのネットワークに参加することができます。

ホワイトペーパー:Algorand上の暗号資産のための高速ブートストラップ Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著


PIXEL Pixelは、Proof of Stakeシステム用に構築された新しいデジタル署名方式であり、委員会メンバーの署名を集約することによりスペース要件を削減しつつ、キーローテーションによる前方秘匿性( forward-security)を維持します。

Pixel署名:ブロックチェーンのための効率的で安全なデジタル署名 Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著


自己検証型トランザクション(SELF-VALIDATING TRANSACTIONS) 自己検証型トランザクションは、コンセンサスとストレージの分離を可能にし、Algorandブロックチェーンの効率性と論理構造を向上させます。

Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著


ATOMIC² SWAPS Atomic²Swapは、Algorandの即時トランザクションの有限性を活用し、単一トランザクションで、いかなるタイプの時間やハッシュロックなしで、資産の同一チェーンスワップを実装します。


Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著


POST-AND-SALE TRADES アセットの交換は通常、双方向性を必要とします:アセットを引き渡す前に、売り手は買い手を見つけ、条件を交渉しなければなりません。POST-AND-SALE TRADE技術は、任意の売り手が所定の価格で、売却のためのアセットを投稿することができます。買い手は、これらのオファーを閲覧し、代金を支払い、売り手や第三者とコンタクトをとることなく、すぐにアセットを受け取ることができます。

Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著


SMART² CONTRACTS

スマートコントラクトは、信頼できる第三者を必要とせずに世界中の当事者間で信頼できる取引や契約を行うことを可能にしますが、時間と費用がかかります。

Smart² contracts™は、アルゴランドのコンセンサスメカニズムを活用して、より速く、より安くスマートコントラクトを提供します。

Algorandの今後の技術:シルビオ・ミカリ著

参照元記事




パートナーシップとチームメンバー



TheRecordが公開した記事「Is blockchain becoming the new digital?」より

パーミッションレスなAlgorandブロックチェーンプラットフォームの作成者であるAlgorand Inc.の最高執行責任者であるショーン・フォード氏は、この技術は金融サービス業界を完全に破壊する力を持っていると考えています。

彼曰く:

“従来の金融商品は、中央集権化された金融機関を中心に作られ、地理的な制約もあり、そのほとんどは地元の人達に向けられています。従来の金融商品は、技術が大幅に進歩する前に作られたものなので、その結果、従来の金融では管理側と顧客との間に多くのズレが生じてきました。


“ブロックチェーンのクリエイターは、ソリューションをスケーラブル、安全、分散化するというトリレンマに悩まされてきました。”とフォード氏は説明します。”Algorandが登場する前は、3つのうち2つしか満たされていなかったため、ソリューションの有効性を確保するのが困難でした。


“我々はシンプルでユーザーフレンドリーなものになるように設計しています。ブロックチェーンを理解してもらうために、プロトコルを身近に感じてもらいたいです。”


“現状の制度では、より伝統的な組織や製品が提供しているユーザー体験を低下させたくなかった “とフォード氏は言います。”Algorandが登場するまでは、このような転送速度を実現できるブロックチェーンはありませんでした。私たちのプラットフォームでは、トランザクションは約4秒で完了し、かなり革新的です。


“金融機関が、将来の競争において成功するためには、ブロックチェーンが欠かせない」とフォードは言います。”90年代にデジタルへの飛躍を遂げた企業は、かつてない勝利を収めています。


“人々はブロックチェーンを理解するべきであり、業界はもっとその必要性を説明する必要があります。2~3年後には、『ああ、もっと追いかけるべきものがあるのだなぁ』と振り返ることになるので、投資する価値はあると思います。


参照元記事



その他





ソーシャルメディア情報

ソーシャルメディアアクティビティ:





Twitter , Telegram , Facebook , Reddit


こちらもご覧ください: Algorand on YouTube , Medium official page , WeChat , LinkedIn ,algorand.com , algorand.foundation , community.algorand.org , developer.algorand.org , forums.algorand.org



このレポートは、投資に関するアドバイスではありません。

また本記事は、Paradigmが発行した記事を翻訳したものです。

翻訳元記事:https://link.medium.com/k1v8evXG46