アルゴランド財団とブロックチェーン・アソシエーション・シンガポール(BAS)が、シンガポールおよび地域のブロックチェーン開発を推進するためのパートナーシップを締結

更新日:2021年11月28日


(左から)Blockchain Association Singaporeの共同会長であるChia Hock Lai氏、Algorand Foundationの最高執行責任者であるJason Lee氏(画像:Blockchain Association Singapore)


アルゴランド財団とブロックチェーン・アソシエーション・シンガポール(BAS)が、シンガポールおよび地域のブロックチェーン開発を推進するためのパートナーシップを締結


  • アルゴランド財団とBlockchain Association Singaporeのエコシステム・パートナーシップは、SFF 2021の期間中に開催されたSG Blockchain Day 2021の年次会議で締結されました。

  • アルゴランド財団は、ブロックチェーン・エコシステムにおける認知度の向上、アプリケーション開発の支援、イノベーションの機会の探求に焦点を当て、シンガポールでの存在感を高めることに尽力しています。

  • BASとのパートナーシップは、Algorand Centres of Excellence(ACE)プログラムや3億ドルのViridis Fundなどの現在の活動を補完するものです。


2021年11月12日、シンガポール - シンガポールを拠点とする主要なブロックチェーン組織であるアルゴランド財団は、SFF 2021の期間中に開催されたSG Blockchain Day 2021の年次会議でMemorandum of Understanding(MOU)に署名し、Blockchain Association Singapore(BAS)とのエコシステム・パートナーシップを発表しました。BASは、Women Who Code、Africa Blockchain Institute、World Economic Forumなどの他の確立された組織とともに、アルゴランド財団のエコシステムパートナーのリストに加わります。この取り組みは、アルゴランド財団が最近シンガポールに東南アジア事務所を設立したことと軌を一にしています。


アルゴランド財団は、今回の提携を通じて、地域のブロックチェーン・エコシステムの一翼を担い、ブロックチェーンの認知度向上、応用、将来の発展の可能性の探求を推進していきます。また、今回の提携により、両組織が持つ業界での経験やネットワークを活用し、ブロックチェーン技術の発展に向けた協力関係を構築していきます。両者は、アルゴランド・プロトコルへの理解を深めることで、ブロックチェーン・コミュニティの成長を促すとともに、地域や地方のデジタル経済全体の向上にも貢献することを目指しています。アルゴランド財団の最高執行責任者であるジェイソン・リーは、「The Future is Now: SG Blockchain Day 2021」において「What is Next For Blockchain」と題した基調講演を行いました。このカンファレンスでは、イーサリアム、リップル、IBM、スタンダードチャータード銀行、オリバー・ワイマン、ファイアブロックス、ブロックチェーン・オーストラリア、ナンセン、Chainalysis、RegTank、NTUC e2iなど、業界を超えたスピーカーが参加しました。


今回のBASとのパートナーシップは、ブロックチェーン関連のアプリケーションやイノベーションを促進しながら、ブロックチェーン技術の認知度や知識の向上を促進するための長期的なパートナーシップの構築に焦点を当てた大学との連携活動であるAlgorand Centres of Excellenceプログラムなど、当財団が現在行っている活動も補完するものです。これは、分散型金融(DeFi)イノベーションを支援し、アルゴランド・ネットワークへの導入を加速させるとともに、分散型取引所、金融市場、オプション市場、合成資産アプリケーション、NFTプラットフォームの成長を促進するために、同財団が最近立ち上げた3億ドルのViridis基金に基づくものです。


アルゴランド財団のジェイソン・リー最高執行責任者は、BASとのパートナーシップおよびMOUの締結について次のように述べています。「今回のパートナーシップを通じて、シンガポールおよび地域におけるブロックチェーン技術の発展に貢献できることを光栄に思います。ブロックチェーン業界の発展のために、BASが築いてきた広範なネットワークを活用して、知識や情報を相互に共有できることを楽しみにしています。BASとそのメンバーと手を取り合って、アルゴランドのような次世代のブロックチェーンを基盤とした持続可能な産業を目指して、これからの道のりを楽しみにしています」。


ブロックチェーン市場は2025年までに397億ドルの評価額に達するとされており[1]、世界のブロックチェーン・エコシステムはさらなる成長を遂げようとしています。東南アジア地域内の国々も、ブロックチェーン技術への関心と研究を強化していることが指摘されています。シンガポールは、シンガポールのブロックチェーン・エコシステムを強化するため、「Singapore Blockchain Innovation Programme」を通じて、2020年にブロックチェーン研究に1,200万シンガポール・ドルを投資することを発表しました[2]。この地域では、ブロックチェーン技術はまだ比較的初期の段階にありますが、アルゴランド財団のような既存の業界プレーヤーは、地域のブロックチェーン・エコシステムの発展のためにその役割を果たすことができます。


リーは次のようにも述べています。「世界の業界をリードするプレイヤーとしてのアルゴランド財団の目的は、助成金、アクセラレータ、教育プログラムなどを通じて、優れた事例を育成し、新しい市場で才能を発揮する人材を育て、エコシステム全体と密接に連携することです。私たちは、ブロックチェーン技術が未来であると信じており、そのためにも、私たちは完全に自立しています」。


BASの共同会長であるChia Hock Laiは次のように述べています。「アルゴランド財団のような業界のリーダーと協力して、この地域でのブロックチェーンの革新と受け入れを加速する機会を与えられたことに感謝しています。アルゴランド財団のブロックチェーン関連の膨大な経験と研究から、我々のネットワークとより大きなブロックチェーン・エコシステムが恩恵を受けることができると信じています。今回の提携は、地域の強固なブロックチェーン・エコシステムを育成するという我々の決意をさらに確かなものにします」。


今回の提携により、アルゴランド財団は正式にシンガポールに事業を拡大するとともに、プロジェクト管理や技術開発のための人材を採用することで、シンガポールでの存在感を高めることにも取り組んでいきます。


[1]https://www.marketsandmarkets.com/Market-Reports/blockchain-technology-market-90100890.html


[2]https://www.enterprisesg.gov.sg/-/media/esg/files/media-centre/media-releases/2020/dec-2020/media-release-singapore-invests-12-million-in-first-national-effort-to-expand-blockchain-technology-research.pdf?la=en



元記事:https://algorand.foundation/news/algorand-foundation-and-blockchain-association-singapore