アルゴランド&サークル:次世代ブロックチェーンにおけるステーブルコインの威力



アルゴランド&サークル:次世代ブロックチェーンにおけるステーブルコインの威力



アルゴランドのCEOであるスティーブン・コキノス(Steven Kokinos)サークル(Circle)のCEOであるジェレミー・アレール(Jeremy Allaire)は先日、2社のシナジー効果とデジタル通貨の大きな可能性についての洞察を語りました。ジェレミーとスティーブンは、5月初めに開催された「Boston Blockchain Week」で講演しました。



ブロックチェーン・イノベーションはインターネット・ブームに似ている


ジェレミーとスティーブは、ブロックチェーン・アプリケーションとデジタル通貨の急速な成長を、90年代初頭のインターネット・ブームになぞらえて語りました。


ビットコインが一世を風靡したブロックチェーンの最初の数年間は、まだ不換紙幣(フィアット・マネー)をデジタル化することは不可能でした。アレールは、テクノロジーによってUSDCの作成が可能になるまで、しばらく時間がかかったことを明かしました。米ドル・ペッグのコインの背景には、コンテンツと同じように、公共のインターネット上で機能するお金のフォーマットとプロトコルがあれば、人々や企業がオンラインで経済的なやり取りをするためのさまざまな機会を解き放つことができるという考えがあります。


デジタル通貨のプログラム可能性が導入されたことで、その利点はさらに明らかになりました。


USDCのアイデアは、「世界中のすべての人、すべての商人、すべての金融サービス、そして世界中のすべての通貨を、これらのコンテンツ・プロトコルを介して接続すること」だとアレールは言います。


アルゴランドの持つスケーラビリティの可能性により、USDCは世界の隅々まで高速で到達することができます。


ジェレミーとスティーブは、デジタル通貨とブロックチェーンの革新が、20年以上前にインターネットがもたらしたのと同じように、世界を変えていくだろうと考えています。


二人は、インターネット以前の時代に比べて、現在では多くのコミュニケーション手段があることから、ウェブが知識とコミュニケーションの急激な爆発をもたらしたと指摘しました。同様に、決済や経済的なやりとりの数も桁違いに増えることが予想されますが、私たちはまだこのメガトレンドの初期段階にいるに過ぎません。


アルゴランドのような第三世代のブロックチェーンは、USDCのような分散型の金融サービスやアプリケーションの導入を加速させるでしょう。


今日、すべての企業は、ウェブサイト、Twitterアカウント、Facebookページなど、何らかのインターネット上の交流を持っています。将来的には、各企業がデジタル通貨のアカウントを持ち、支払いや受け取り、価値の保存、財務業務を行い、ビジネスの要素をトークン化する可能性もあるでしょう。ブロックチェーンは、インターネットがそうであったように、企業にも浸透していくでしょう。



アルゴランド:高スループットの決済用ブロックチェーン


ボストン・ブロックチェーン・ウィークアルゴランドの機能について語ったジェレミー・アレールは、MITのシルビオ・ミカリ(Silvio Micali)教授が設立したブロックチェーンは、マイクロペイメントから大規模な取引まで、あらゆる場面で優れたインフラを提供すると述べました。


アルゴランドは、スケーラブルで、フォークの可能性なしで、安全な分散型ネットワークで、取引手数料が低く、取引がすぐに完了することから、ドル建てのステーブルコインであるUSDコイン(USDC)をマイクロペイメントに使用することができます。


USDCは急速に成長しており、時価総額は年初の40億ドル未満から上半期末には225億ドル以上に急増しています。USDCは、アルゴランドを含む複数の主要なブロックチェーン上で動作することを約束しているおかげで、さらに拡大し、ステーブルコインの分野を支配することを目指しています。


アレールは、アルゴランドがUSDCを大規模に適用し、様々なタイプの金融ユースケースへの統合を可能にすることに大きく期待していると明かしました。



アルゴランドとサークルのUSDCは様々なユースケースに利用される



パネルディスカッションの中で、スティーブとジェレミーは、アルゴランドとサークルのUSDCが、伝統的な企業と暗号志向の企業の両方で、幅広いユースケースに使用されていることを強調し、分散型でトラストレスなシステムの大きな可能性を確認しました。


ジェレミーは、米ドルのあらゆるユースケースは、USDCのユースケースに置き換えることができるが、アルゴランドのようなブロックチェーンは、これらの取引をより速く、より安く行うことを可能にすると指摘しました。


また、決済以外にも、ブロックチェーンやステーブルコインなどの革新的な技術を採用することで、投資の分野も変革していくでしょう。例えば、サークルの製品群であるSeedInvestは、企業がインターネット上で直接資金を調達して株式を発行し、彼らの顧客のような世界中の非適格投資家にも販売することを可能にしています。


アレールは、「デジタル・アセットを利用することで、より民主的な方法で投資を行うことができるようになります」と述べています。


ブロックチェーンと伝統的な金融界との間のオン/オフ・ランプ(出入り口)は、ステーブルコインのもう一つの主要なユースケースであり、一方、企業は財務運営のためにUSDCに依存しています。


アルゴランドの可能性について、2人のCEOは、まだ初期段階ではあるものの、トークン化やデジタル証券の影響が非常に大きいことを強調しました。


例えば、スティーブは、チェスの世界選手権の放映権を持つWorld Chessが、その株式の一部をトークン化し、デジタル・セキュリティ分野で現在最大手のセキュリタイズ(Securitize)の協力を得て販売していることを紹介しました。チェス世界選手権には、株式市場にアクセスできない世界中の多くのファンがおり、今回のようなセキュリティ・トークン・オファリング(STO)は、彼らが自分の好きなスポーツや企業に接するのに役立ちます。


他にも、イタリア最大の著作権収集機関であるSIAE(Società Italiana degli Autori ed Editori)は、アルゴランドを利用して、95,000人以上のメンバーである作家の権利を表す400万個以上のノン・ファンジブル・トークン(NFT)を発行しました。NFTは、クリエイターが自分の作品をよりよく収益化することを可能にします。


また、スティーブは、アルゴランドがClimateTradeやGlobal Carbon Holdingとのパートナーシップを通じていくつかのプロジェクトをサポートしているおかげで、カーボン・ネガティブであることを強調しました。これにより、アルゴランドは数少ないサステイナブルなブロックチェーンの一つとなっています。


アルゴランドの効率性とスケーラビリティの可能性は、決済や銀行サービスに変革をもたらすUSDCやその他のステーブルコインにとって理想的なブロックチェーンであると言えます。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/algorand-circle-the-power-of-stablecoins-on-next-generation