Algomint:アルゴランドのクリプトバースへのブリッジ by AlgoDaddy

更新日:5日前



Algomint:アルゴランドのクリプトバースへのブリッジ by AlgoDaddy


この記事では、Algorandの最初の相互運用性プラットフォームであるAlgomintについて説明します。Algorand DeFiエコシステムの絶対的に重要な部分です。


Algomintは、Algorand DeFiを起動することを目的としたAlgorand Foundations Aeneas Programで定義されたDeFi「三本柱」の1つです。


  • 新規参入者のための強固なブリッジ - Algomint

  • トレーダーとマーチャントのための自動マーケットメーカーDEX - Tinyman

  • 資本と商業のための借入・貸付プラットフォーム - AlgoFi


TinymanAlgoFiについては、以前の記事ですでに取り上げています。この記事では、次世代ブロックチェーンDeFiのためのパズルの最後のピースであるAlgomintについてすべてを学ぶことができます。


このAlgoDaddyガイドは、以下のトピックをカバーしています。


  1. Algomintとは

  2. Algomintトークン

  3. Algomintインセンティブ・プログラム

  4. なぜAlgomintが重要なのか

  5. カーボン・ネガティブBTC

  6. Algomintの仕組み



Algomintとは?


AlgomintはMichael CottonとAJ Milneによって共同設立され、2021年11月にAlgorandメインネット上に登場しました。Algomintは、Algorandと他の人気のある暗号通貨やトークンとの橋渡しをすることを目的としています。


現時点でAlgomintのdAppは、AlgorandプロトコルでBTCとETHのミントを可能にしており、将来的にはより多くのアセットの取り扱いを計画しています。BTCはgoBTCに、ETHはgoETHにミントされます。


さらに創業者たちは、異なる米ドルをつなぎ合わせることができる可能性として、goUSDを挙げています。異なるブロックチェーン間で、USDCとBUSDを1:1のレートで交換できたら、どんなに便利か想像してみてください。それがAlgomintの計画です!


Algomintトークン


現在のところAlgomintトークンはありません。しかし、Algomintは2022年第1四半期にトークン化を計画していると報告されています。伝えられるところによると、Algomintのネイティブ・トークンはgoMINTとなり、ステーキングに使用され、基礎となる貯蔵資産のための保険契約を結ぶために使用されるとのことです。


Algomintのインセンティブ・プログラム


Aeneas Liquidity Programの一環として、Algomintはプラットフォームの流動性を高めるためのインセンティブ・プログラムをリリースしました。2022年2月末までに、goBTCやgoETHをバーンすることなくBTCやETHをAlgomintプラットフォームに追加したユーザーに、合計1,000,000ALGOが配布される予定です。




なぜAlgomintが重要なのか?


Algorandプロトコルが、迅速な取引、高いセキュリティ、低い取引コストを提供していることは、すでにお聞きになったことがあると思います。さて、Algorandは他の暗号通貨にも同じようなメリットを提供できることがわかりました。Algomintの助けを借りて、他の暗号資産をAlgorandブロックチェーンにミントすることができるようになりました。つまり、あなたのお気に入りの暗号通貨が、突然、AlgorandとそのASAと同じ便益を享受できるようになったのです!


エコなBTCを想像してみてください。BTCの取引コストがわずか0.001ドルのALGO、取引スピードが4.5秒、そして取引がすぐに完了することを想像してみてください。これがあなたにとってのgoBTCなのです。その可能性は計り知れません。


また、Algomintは、Algorandネットワークへの資本や株式の流入を強化し、エコシステムの成長を後押しします。


カーボン・ネガティブなBTC


Algomintは、プラットフォーム上のgoBTCへのBTCのミントをカーボン・ネガティブにすることを約束しています。Algomintは、この実現のためにNettle Zeroを使用し、ヨーロッパでのCO2除去活動を行います。ビットコインがgoBTCとしてAlgorandブロックチェーン上に存在する時点で、Algorandプロトコルの操作性自体がカーボン・ニュートラルになります(Algorandはカーボン・ネガティブ)。


Algomintの仕組みは?


goBTCとgoETHをAlgomint上の対応するものからミントすると、元のBTCとETHをAlgomintが選択したカストディ・パートナーに1対1でロックすることになります。goBTCまたはgoETHは、それぞれの元の資産をロック解除するとバーンされます。


2022年3月までは、Algomintでのミントは無料です。その後、Algomintはあなたがミントまたはバーンする際に0.2%の手数料を取ります。さらに、掃引コストをカバーするためのマイニング料があり、それぞれ0.0025ETHと0.0001BTCとなっています。1回の取引でAlgorandブロックチェーンにミントできるトークンの最大量は1BTCまたは10ETHです。


Algomintを試してみたい方は、Algomintのウェブページにアクセスし、「Launch App」をクリックしてください。そこからアカウントを作成し、アルゴランド・ウォレットに接続することができます。提示された指示に従ってください。なお、最初にテストネットで試してみることもできます。


Algomintは、KYC(Know Your Client)を必要としています。これは、ユーザーがプラットフォームを利用する際に、IDカードなどで本人確認を行うことを意味しています。これは、マネーロンダリング法を遵守するために必要です。